我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

養蜂場はぢめまちた

こんちくわ。大乗仏教寺院に、スズメバチのでっかい巣ができたらどーすんだろうなと思うびっくんです。
不殺生を教えとるでしょ。
去年の夏、我が家の風呂場の窓の外の軒下にコガタスズメバチらしき連中がわんさか押し寄せてきて、立派な巣をお造り遊ばされたのはココにもUPしたっスけど…。

コガタスズメバチはスズメバチの中では大人しい蜂さんで、こっちから仕掛けない限り攻撃してくることはないです。
つっても、2匹が万が一刺されちゃ大変なんで、活動中の昼間は極力外には出さぬよう心がけておりましたが…。妻は平気でこの巣の真下を行ったりきたりしとりましたが、完全に無視されとりました。


e0008833_16254155.jpg

今でもその巣は、しっかりとぶら下がっておるん巣、もとい…ス。
飼い主が「スズメバチの巣っちゅーのはなぁー、かーちゃん蜂が毎年どこにこしらえたろかと頭捻って決めて、そして作るんぢゃ。秋頃には、巣の中におったやつらはみーんな飛び立ってしもーて、空っぽになるんぢゃ。でもって、やつらは巣の場所と造ることで頭一杯で、エコとか考える余裕がこれっぽっちも残ってないんぢゃな。だから、空になった巣を再利用してやろうとか思いつかんのぢゃ。
つまり、空になった巣は空のまま」といいましてね。
ま、この情報が確かかどうか、一年見守って大正解だったぢゃん!てのが分かったわけですけど…(今年の夏も空っぽ)。
実際には、もぎ取る勇気と、根性と、背の高さがなかったからっスよ。
あ、関係ないですけど、地震やら強風やらで安普請な我が家が崩壊しそうで怖いー、なんてことを飼い主がおとんに電話で話したら、
『ほいなら、ほれ、おまえんところにあったやろが、あれ…ビーノス。ビーノス…』
ビーナス?
『違う違う…ビーの巣!』
ビーって、しばらく飼い主はオイラ、びっくんのことやと思っとったらしいんですけどね。
おとんの言うビーてのは、蜂さん(Bee)のことやったらしいんス。
『その空になったビーの巣にでも間借りさせてもらえー』
そう言い放ったらしいっスよ。
脳梗塞の後遺症は言語障害だけぢゃなくて、どっかのネジまで錆びつかせちゃったんスかねウケケ。
で、蜂の巣騒動もすっかり忘れてた本日。
ご近所のSさんに「これこれタカハシさん、あそこをご覧遊ばせな」と指差された先にあったのがですね…
e0008833_16333369.gif

うんぎゃぎゃぎゃー。
またもや蜂の巣。
下から見上げた限りでは、穴がボコボコ見えるこの巣は多分アシナガぢゃなかろーかと飼い主は推測しとるんスけど…。
でもって、アシナガなら別にいいぢゃーん。
ほっとけほっとけ…言うとるんスけど…。

まだちょいと小さめなんで、なんともいえず。
このまましばらく放置することにしました。
飛んでる蜂も、スズメバチっぽくないしね。


どこに新たな巣が建造されたのか、オイラも知りたくてね。
どこどこ?って聞いたら
ウエウエなんつーわけですよ。
見上ぁ~げてごらん~♪なんつって歌うわけですよ。
e0008833_1648927.jpg

おらんがな。

つか、家の中で見上げてみても…あーた。
[PR]
by funkyhotdog | 2007-08-23 16:51 | 日常