我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

すんづろさんがやってきた!

e0008833_15510100.jpg

e0008833_1551047.jpg

e0008833_1551055.jpg

夜から激しく降り始めた雨は次の日の朝まで降り続き、こりゃ雨に濡れながらの葬式になるのかなと心配していたところ、お坊さんが来る頃には小雨に変わって、読経が始まると青空が広がってきたよ。
棺の中に横たわってるすんづろさんの顔は穏やかで、触ると普通に軟らかくて。
でも、信じられないくらい冷たくなってた。
遣り残したことはなーんもないさ〜ってくらい満足げな表情だったけど、すんづろさん、忘れちゃいないよね。
納屋の修理が途中だったってこと。
「あとはお前たちでやれるべ?」
そゆこと?
「遣り残したんでなくて、残しといてやったんだべ」
そゆことなんだよね。
1時間半後、炉から出てきたすんづろさんは、骨だけの姿になってた。
病気知らずの筋骨隆々とした体を作ってたその骨は、一つ一つが太くて、これは大腿骨だ、こっちは上腕骨だねって分かるくらいしっかりと残ってて、骨壷に入りきれなかったほど。
元気な人の骨。
それ見ると、なお更、悔しさがこみ上げてきたよ。
斎場の人が「全部入りきれませんので…」なんて言って、すり鉢みたいなのでザクザク砕き始めたときには、なんだか自分の体を傷つけられてるみたいで、またボロボロと泣いちゃったりして。
心の中にぽっかりあいた穴っぽこも、時間が埋めてくれる。
寂しいなーという思いも、時間が解決してくれる。
そういうよね。
すんづろさんとの思いではいーっぱいあるけど、時間が経てばやっぱり薄れていくのかな。
それはやだな。
そんなこと思ってたら、この仮住まいの家にすんづろさんがやってきたよ。
「地震後、仙台のかつやちゃんたちを随分心配しててね…行きたがってたから連れてってよ」
そう、長男さんや義姉のえこちゃん、姪っ子たちに言ってもらったからね。
ちっこいちーっこいすんづろさんの車。
マット代わりに足元には堆肥のビニール袋が敷いてあって、後と前にもみじマークがついててね。
スペアキーにはサブちゃん、ぶらさがってんだよ。
我が家の車は叔母さんたち乗せて旦那さんが運転して帰らなきゃだったから、飼い主がすんづろさんカーを運転して戻ってきたんだ。
もみじマーク、しっかりつけたままでね。
愛する息子ぢゃなくて、出来の悪い嫁がこれから毎日すんづろさんの車を使うことになるみたいだけど、それでもいいかな?
ちゃんと話しかけながら運転するって。
丁寧に、安全運転心がけるからって。
あ、でも多分洗車はそーんなにやんないと…思うから、オイラから先に断わっておくね。ごめんちゃい。
ところで、通夜と葬式のために実家に戻ってた飼い主と旦那さん。
オイラたちはこの仮住まいの家に留守番しとったんですが、お友達のKちゃんがわざわざ泊りにきてくれてオイラたちの面倒を見てくれたとです。
地震後、ちょっとナーバスになっとったオイラは、Kちゃんが来てくれたっちゅーのに、さびしんぼ病を発症してちんこから赤い汁を大量に出してしもたとです。
紅ちんこぢゃないよ。
血尿とゆーやつ。
食欲落ちて、体温下がって、「こりゃおーごとばい!」て飼い主や旦那さんだけぢゃなく、Kちゃんまで随分と心配させてしもたけど、本日、ようやく元気を取り戻したです。
体温も平常温、血尿もなくなり、食欲も戻ったです。
知らぬ地で病院通いまでさせたり、心配かけまくって、これまたごめんちゃいでした>Kちゃん
[PR]
by funkyhotdog | 2011-04-30 15:05 | 携帯から