我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十和田カヌーキャンプ-2-

こんちくわ。抜糸&検査結果の発表までは落ち着かんびっくんです。が、レポのUPを終わらせんことにはもっと落ち着かんので、つづき~。
そうそう、悪戯ばっかで元気玉みたいなyambo小僧っスけど、実はキャンプに出かけると飯を食わんのです。
ま、家にいても朝飯拒否ること多いんスけどね。
旦那さんが、カリカリを1粒ずつ口の中に放り込むと、別にポイっと出すこともなく食べることを発見。
でも、2粒同時ぢゃダメ(なんなんだこいつ)。
そんなわけで、やっとりましたよ、1粒ずつホレ食えて。
で、言うとりました。
「なんか、これぢゃぁアレだ…貯金箱だ」
て。
このyambo貯金箱、お引き出しは毎日2回、うんこでしか取り出せないんスけどね~。
いや、そんなこたーどーでもええ。
キャンプだ。
2日目は、生憎の強風。
宇樽部キャンプ場でシーズン中毎日早朝5時からやっとるカヌーツアーも、中止されるほどの暴風やったんス。
e0008833_1457287.jpg

(↑カヌー教室のカナディアン。秋はキャンパーさんたちもカヤックぢゃなくてカナディアン率が高いっス)
なので、この日は谷地温泉浸かりに行ったり、八甲田にまで足伸ばしたりしたっス。
標高の高い八甲田辺りまで走ると、随分紅葉は進んでたっスよ。
e0008833_14564095.jpg

結局お船を出せたのは最終日のみ。
カヌーツアーの始まる朝5時に、我が家もいそいそ起きだして準備開始。
チビるほどの寒さで、サラばーさんはシュラフから出るのを拒否しとったので、小僧を引っ立てていってきたです。
e0008833_15102751.jpg

もわ~んと湖面から立ち上る靄。
その中を滑るように静かに進むお船。
気持ちいいー。
寒いけど。
e0008833_1525097.jpg

昨日までの荒れた天気が嘘みたいな雲一つない青い空。
空気も美味しいー。
寒いけど。
e0008833_1544096.jpg

日が昇ってきたらポカポカしてきて、飼い主マジ寝しそーになっとったですよ。
で、つづくってことで。
[PR]
# by funkyhotdog | 2013-10-19 15:13 | カヌー

2度目の手術

こんちくわ。十和田湖のキャンプレポの途中やけど、小僧が手術を受けたんで忘れんうちに覚書としてそのことを載せとかないかんやろなーと思ったびっくんです。
yamboの右前脚の付け根、よりもちょい背中寄りの辺りにちっこいポッチができましてね。
それが何だか大きなったよーな気がするっちゅーんで、2週間ほど前に病院に行って調べてもろたんス。
注射針ブスっとさして、中の液取り出して調べる簡単なアレ。
で、せんせには「脂肪」て言われたんやけど。
はっきりゆーて、この針先ブスリで調べるのって、詳しいこたぁよくわからんのですよね。
もしもってこともあるし。
で、連休明けにこのシコリをごっそり取り除いて病理検査しましょっちゅーことになったんス。
16日の水曜日。
台風来るらしいぜー!だった土砂降りの中、朝飯抜いてyambo小僧、病院へ。
このときはまだ、お泊りになるのかどーなのかも知らされてなかった飼い主。
ついでに、執刀医が誰になるのかも。
しかも台風とかゆーて、空見上げたら雲ドヨヨーンなわけっしょ。
不吉~。
なんか不吉~。
そんなこんなで、もぅ不安でいっぱいやったらしいっス。
でも、執刀するのはレッツゴーの長作。もとい。院長先生。
でもって、その長作、もとい。院長先生から「このシコリの大きさだったら、日帰りで十分だZ!」て言われたから、大丈夫ってホっとしたらしいっス。
ちゅーても、無事覚醒しましたヨてゆー電話をもらうまでは、なーも手に付かなかったみたいだけどね。
午後5時頃お迎え。
この日の待合室には重篤なワンコさんばかり。
泣きはらして目を真っ赤にしとる飼い主さんまでいたし。
お支払いとyamboのお迎えだけなのに、こんな重苦しい空気の中で待たされること1時間以上。
つらいね。
いろいろ考えたり、オイラのこと思い出したりして凹んだりしとったそーな。
やっと名前呼ばれて診察室入ったら、診察台の上でプルプル震えるyamboがそこに。
e0008833_17255144.jpg

縫われた痕にはガーゼ当てられてテープぐるぐる、の上から手術着(?ちゅーか、あれ、収縮性ある筒状のガーゼみたいなんに足入れる穴、ハサミで切って開けただけですよね)着せられとりました。
キャンプから戻った日にシャンプーしたばっかなのに、なんかもぅ臭くなっとる。
臭いけど嬉しい。
無事に終わってほんとよがったー!て泣きそうになっとった。
小心者飼い主め。
お薬もろてお支払い済ませて無事ご帰還。
したのは、いいけど、家につくなり走り回って~いつの間にか手術着が腹巻とゆーか、チン隠しとゆーか、おむつとゆーか…ずり下がっとるんスよ。
その都度飼い主が引っ張りあげとったけど、目を離したすきにしっこしに行って~。
気づいたら部屋中がしっこまみれに~。
いや、yamboはわるないよ。
ちゃんとトイレでしっこしたんやし。
ただ、手術着がチン隠しになってただけやし。
「もぅ、こんなん着せてられんわぃ!」て脱がせようとしたら、濡れた手術着のしっこ雫(意外と大量)を顔面に浴びた飼い主。
愛犬と聖水プレイっスよ。
e0008833_17364279.jpg

↑なんか、アスリートのテーピングぽくね?いやそれより、もぅ既にガーゼが外れ落ちそうになっとるけどー。
「エリザベスカラーしても、傷口前足の上んとこだしねー。意味ないかも。それより袖のある洋服を着せて、掻かないように気をつけてあげて~」
そう言われたんで、オイラのお古を引っ張り出して着せてみたんス。
でもねー。
飼い主がテケトーに作ったシャツやフリース。
オイラにぴったんこやったやつ。
yambo、頭が入らねー!ってのがたくさんあんの。びっくり。
e0008833_17401330.jpg

薄手のTシャツやと、伸びていつの間にか脱いどるし。
でもって脱ぎ着するたびにテープ剥がれてくし。
そんなこんなで、今日は大して寒くもなかったのにフリース着用。
ばーさん裸なのに、小僧ぬくぬく。
検査の詳しい結果が出るのは抜糸する来週の水曜日。
でも、なんかなんでもなさそーなくらい元気っス。
多分、大丈夫っス。
大丈夫ぢゃないのは家計だけみたいっス。
てことで、今回のお支払い。
 再診料 525
 血液検査 6,300
 X線検査 5,775
 病理組織検査(外注検査) 11.550
 吸入麻酔 10,500
 体表腫瘤切除手術 10,500
 皮下注射 1,890
 静脈内留置針留置、点滴セット 1,260
 点滴 2,100
 お薬 ×14 1,470
     ×3 630
 保険負担 -26,250
合計26,250 

傷口は
[PR]
# by funkyhotdog | 2013-10-18 18:05 | 健康・手術

十和田カヌーキャンプ-1-

こんちくわ。3連休、紅葉を求めて北上してきたびっくんです。
e0008833_954342.jpg

どどーん。
行ってきたのは夏にも訪れた十和田湖~。
でも紅葉は?
ですよねー。
ですよ。
1週間ばかし、先走ってしもたみたいです。
焦りすぎ。ププ。
e0008833_11262249.jpg

宇樽部キャンプ場をぷーらぷら散歩~♪
雲、ドヨヨン。
風、強し。
e0008833_11435827.jpg

家を出たのがお昼で(遅)到着して設営したら、あっちゅーまに真っ暗。
ぐーんと気温下がって、「寒くなったら太腿痛くてたまらんがなー!」てナキ入れる飼い主のために、十和田温泉郷の温泉へGO。
管理棟にいるスタッフに訪ねたら「共同浴場、そんなに遅くまでやってないかもー」て言われたけど、午後9時まで営業やったですよ。
いつもお世話になっとるところ「市民の家」。
助かった。
入湯料300円。
これまたお財布に優しいお値段。ま、シャンプーなんかはないけどね~。
ほっこり温まってサイトに戻って、簡単に鍋飯食らったらとっとと就寝。
恐ろしく風が強くて、テント、吹き飛びそう~。
テント横に置いてたカヌーが動くほどやったんスよ。
風の音と揺れで夜中、何度も目が覚めたらしいけど、朝はちゃんとあるべき場所にテントがあったんで取り敢えず安心したらしいっス。
スカートにも全部ペグ打ったのに、テーブルの上、小石だらけやったみたいやけどね。すげぃ。
果たして…カヌー遊びは…でけるんかね~?
[PR]
# by funkyhotdog | 2013-10-17 11:43 | キャンプ
こんちくわ。朝から腹の調子が芳しくなく、座薬を入れるタイミングがわからないびっくんです。いや、オイラぢゃなくて飼い主が。
水曜日、yambo連れてまたドッグランに行ってきたっスよ。
ご一緒してくれたのは、いつものQooちゃん。
先についちゃったyamboは、隣のエリアで賑やかにやっとる3匹のワンコのうちの、ミニピンさんと柵越しに延々お見合い往復ダッシュ。毎回勢い余って止まれず、yamboだけが柵に顔面激突しとりましたけど。
e0008833_10164140.jpg

オーナーさんちのアリーさんとご挨拶。
彼女、めっちゃ大人しくて性格温和で…なのをいいことに、小僧、後半は彼女にまとわりついて大変やったです。
デイジー姐さんといい…もしかしたら美白で大柄な女性に惹かれるんかもしれん、などと思ったり…。
e0008833_1025723.jpg

ね、隙あらばっスよ。
タマなしのくせに、一体何考えとんだかー。
「雪を被った富士山やー!いや、エベレストやー!上れー」てことか。
アフォや。やーめーれー。
近くに熟女がいるのに。
e0008833_10265388.jpg

同じ犬種とは思えない、この大きさの違い。
お隣、Qooおねいさま。
4キロの違いって、こんなにあんだねー。
e0008833_10282411.jpg

多分、後ろのQooちゃんとは5m以上離れとると思うです
このあと、Qoo&yamboの恒例ゲハゲハバトル。
しかもまたデッキの上で。
しつこすぎるyamboに…
「あんたーっ!しつこいのよっ!バシ!」
e0008833_10311537.jpg

Qooちゃんの怒りの鉄拳が飛んだのでありましたとさ(嘘。でもビンタされた直後みたいな写真になってておもろいー)
アジリティーにも初トライしたし~一杯走ったし~2度も隅っこでもりもりウンコしたし~捨て犬みたいに汚れまくったし~今回もまた満足のいく一日やったようです。
付き合ってくれたrikoさん&Qooちゃん、どーもありがとー。
[PR]
# by funkyhotdog | 2013-10-11 10:39 | 日常

リベンジせねば

こんちくわ。キャンプレポあわわーて思っとるうちに、記憶を失念してしまったびっくんです。今更やし、もぅええよね~。
一応、IGの方にはちょろっと写真、UPしたし…(汗。
ところで、日曜日。
相変わらず痛みの引かない飼い主の湯治と、紅葉見物を兼ねて栗駒山へ行ってきたんス。
「そろそろ色づいてきました~綺麗ですねぃ~」なんつーニュースを前日見たからね。
栗駒山荘の露天風呂から見下ろす栗駒山の紅葉といったら、そりゃもぅ天下一品なんスよ。
ワクワクして行ったんスけどね。
ドヨヨーン。
真っ白けで、紅葉どころか露天風呂の風呂の縁がやっと見える程度やったらしいスよ。
「摩周湖よ!霧の摩周湖に来てるって感じね~」
隣で浸かっとった妙齢のご婦人らが喋っとるのを聞きながら
『行ったことあんのかぃ。つか、摩周湖、温泉とちゃうやろ。浸かれんやろが』
なんて心の中で毒づいとりましたけどね。
栗駒山荘の向かいには土産物屋が1軒あるんス。
今まで一度も覗いたことなかったけど、興味本位でプラリと。
e0008833_10353740.jpg

店の間には↑こいなのありました。
栗駒山のクマモンですと。小さな籠の中には、そのクマモンが噛んだ空き缶やらが置いてあったです。
便乗商法狙っとりますが、可愛さゼロっス。
もぅね、こゆの店先に広げてるだけで店内も怪しいんとちゃうのん?入ったら最後、出て来られなくなっちゃうのかも~なんて少々不安にさせられる佇まいなんスが…
(それを人は歴史を感じさせられるとか、趣のあるとかゆーのかもしれまへんが)
民芸品屋だけに、とりあえず特産物や工芸品、熊の毛皮なんか売ってるんスけどね。店の奥に進むと節操なかったっスよ。
ココはフリマかよ!て思うような商品もw(もっすご古いかき氷機とか、おまえインディアン?て感じの置物とか)。
節操なさすぎー。
紅葉を拝めなかったからって、店に当たるこたぁないですわな、はいすみませーん。
その後、須川湖へ。
須川湖畔には須川キャンプ場があって、ボート遊びもでけるようになっとるんス。
e0008833_10462233.jpg

でも、ご覧のとおりドヨヨーン。
白鳥の声が聞こえるんスけど、その姿は見えず。
とりあえず、湖をグルリと一周してみましょ、てことになってプラプラ散歩したんスけどね。
しばらく歩いたら、どこからともなくモワーンと獣臭が。
数メートル前は霧でなんも見えないし。
いきなりグワワー!て獣出てこられても困るしー。
てことで、速攻引き返したっス。
e0008833_10515047.jpg

ばーさんの口も負けんくらい臭いけど、こっちは怖くはないしね~。
にしても、紅葉は全く楽しめなかったし、散歩も中途半端だったし、高速使って何しに栗駒まで来たんだかーだわよ。しかも道中、車内でアクビしただけなのに臭い臭い!窓開けろー!とか言われちゃうしさー。
そりゃ、ヨダレもたれるわさー

[PR]
# by funkyhotdog | 2013-10-10 10:55 | 日常

不気味な男

こんちくわ。岩洞湖のカヌーキャンプレポをUPしなきゃと思いつつも、なんだかその気になれずにいるびっくんです。
たりぃ。
いやオイラぢゃなくて、飼い主が、なんですけどね。
そんなことより、昨日…ちょっとゾゾーっとする体験をしたので忘れないうちに。
(改めて思い返すと、単なる勝手に被害妄想膨らませ過ぎたイタイおばちゃんの話にも思えるけどね)
yambo小僧を散歩させてたときのことっス。
帯状疱疹が治らず、相変わらず右太腿がイタタイタタな飼い主は、足引きずりながら歩いとったんス。
いつも通る住宅街。
前方100m辺りに、見かけない男性を発見。
そいつは、一人暮らししているおばーちゃんの家を覗き込んどったんス。
そのおばーちゃんとは前日の散歩でも立ち話をしたばかり。
「あの男、何しとるんやろ」
そう思って、手前の十字路で立ち止まってジ~っと男性の様子を伺ってると、それを察知したのか向きを変えてこちらに歩いてきたんス。
トシは30代、多分。
メガネをかけてて、細面。
顎が出て、顔は…
永六輔に似てる。
いや、米倉斉加年の方に似てるか?
で、頭の中に永六輔と米倉斉加年の顔を同時に思い浮かべて、「いやん、この二人、似てるやん」と思わずわろてしもたけど、いやいやこの男の前で今はそんな発見に喜んでる場合ぢゃないゾと。
e0008833_1021862.jpg

(この二人似てるー。でも改めてこの二人の顔見たら、怪しいやつはもっと不細工だったな)
何より怪しいのは、男が斜めがけにしていたバッグ。
そのバッグの本体を股間を隠すように前に持ち、右手を常にバッグの中に入れてたんス。
ずっと、ずーっと。
「バッグの中に入れた刃物を隠し持ってるんかもしれん」
「目があったら、うわー!て襲ってくるかもしれん」
そんなこと考えてたら、怪しい男、引きつったようなニヤニヤ笑いで声かけてきたんス。
「うわ~かっわいいですねぇぇ~何歳ですかぁぁ~?」と。
当然、聞いたのは飼い主のトシぢゃなくて、yamboの年齢。
1歳やてぶっきらぼうに言うと、ニヤニヤ顔のまま一歩近づいてくる男。
思わず一歩後ずさる飼い主。
でも、踏ん張って動こうとしないyambo。
「1歳って、まだ子供ぉぉ~?」
バッグに右手を突っ込んだまま男はyamboとの距離を縮めるんス。
手首から先を見せないって、いやマジ不気味っスよ。
何かあったら、この痛い太ももでダッシュでけるんやろか、と不安になる飼い主。
どーなんでしょね、まだ大きくなるのかもーと、男の顔も見ずぶっきらぼうに言い放つと、後ずさりしつつyamboを引きずり交差点をバス通りの方へと曲がって、後ろも振り向かずその通りを渡ったんス。いつもは歩かないコース。でも、このときは早いとこ、この不気味な男から距離を取りたかったわけっスね。
男はしばらく交差点の真ん中につったってこっちを見とるようでした。
気持ちわりぃ男だなー。
改めて男がいた方向を見たら、やつはいなくなっとりました。
多分、跡をつけるよう交差点を同じように曲がらず、直進したんやと思うっス。

人に話しかけるときにバッグに手を入れっぱなしてないよなー。ポケットに手を突っ込んだまま挨拶するんと変わらんがな。いや、そもそもあのニヤニヤ顔がめっちゃキモイがなー。
しばし悪態つきながら歩き、ふと通りの反対側に目をやると、んぎゃ!
いつのまにか、さっきの男が相変わらず右手をバッグの中に突っ込んだ状態でこちらを見とるぢゃないっスか。
いやぁぁぁーっ!
キモっ。
いや、別に見てたのは飼い主ぢゃなくてyambo。
ただの犬好きなのかもしれんけどね。
歩くコースが単にかぶっただけなのかもしれんけどね。
ここまではそう思うことにしたんス。

で、男と二度と会わぬよーにと、住宅街の同じ区画をグルグル2周してみたり、初めて通る道歩いたり。
4,50分そうやって時間潰して(角曲がるたびに、あの似非永六輔だか似非米倉斉加年だかにバッタリてことになるんぢゃないかとヒヤヒヤしつつ)無事に帰宅。
玄関デッキにyamboを繋いで、足拭き用の雑巾を取りに家の中に入ったんス。
洗って~絞って~殺菌用のスプレー雑巾に吹き付けて~
あ、そうそう、サラの散歩の用意もせにゃならんね、とサラを玄関に誘導してリードつけて玄関の扉を開けたら…
ぎゃー!
怪しい男がそこにおったんス。
しゃがんどったんス。
デッキの下に。
「あ、いや、可愛いいですねぇぇ~」
て。
多分、飼い主の顔、驚きより怒りで般若のよーになっとったと思うっス。
「触ってもぉ~いいですかぁぁ~?」
とか言いながら左手をyamboの頭に伸ばそうとする男。
しかも、相変わらず右手はバッグの中に突っ込んだまま。
「ぎゃっ!ダメェェェェーッ」て思わずyambo抱き上げて、足も拭かずに家の中に入ってしまった飼い主。
鍵はかけたけど、扉一枚を隔てた向こうにはニヤニヤがおるんですよ。
こわあああ。
つけられとったんか。
そんな感じ、なかったのにー。

ま、拒否ったあと、すぐにその場を離れてどっかに行ったみたいスけど。
近所には、30歳過ぎとんのに仮面ライダーベルトつけとる人とか、大声で歌いながら歩いて目が合うと握手を求めてくる人とか、ちょっとアレレ?っちゅー人はおりますけど、この右手INの男は初めて見た顔。
なんだったんでしょね。
つか誰やおまえ。
今日は散歩で、あの、家の中を覗かれてたばーちゃんにも話を聞いてみようかと思うとります。
怪しい男の出現もショックやったですが、飼い主の不安が散歩中ちっとも小僧に伝わらなかったてことのほうが飼い主はショックやったらしいっス。
[PR]
# by funkyhotdog | 2013-10-03 10:30 | 日常

Qooちゃんとサムへ

こんちくわ。ドッグランの意味をyamboに教えろて言われても、ドッグランそのものに縁がなかったからどう伝えたらええもんか悩んどるびっくんです。
オイラ、走るの得意ぢゃなかったしねー。
先週末の平日、実はQooちゃんとyambo、久々にサムに行ったんス。
んでんで、ついていきなり飼い主、チビるよーなハプニングが。
道中は涼しかったんで、エアコン入れずに窓開けて走行。
到着してyamboを車から下ろす前に、ちょこっと周りの様子でも見てみっか~なんて飼い主思ってしまったわけ。
窓を5センチほど開けて~
でも、もしかしたら暑くなるかも~なんて思ってエアコン入れて~
yamboは助手席で待っちょれ!とドアをバタン。
ウロウロ歩いて戻ってきたら…
ぬおぉぉぉー!
小僧、運転席の窓に前足かけて、出せ!出さんか!とニヤけながら訴えてる…のは、ええんだけど…
ドアロックしくさっとりました。
エンジンかかってるってことは、鍵は車の中でプラ~ン。
「タコ!そこのドアロック、解除しろ!ポッチ、それを上げるんやっ」
言うてもわかるわけありましぇ~ん。
僅か5センチほど開けてた窓にムチムチの腕無理矢理突っ込んで事なきは得たんスけどね。
薄皮めくれるし、肘の上下にどデカい青タンできるしで、飼い主散々な思いしたらしいっスよ。
いやぁ、エンジンかけてるからって窓全部閉めとかなくてよかった。
そんなこんなで、スタート前に動悸バクバクになってしもた飼い主ですが、Qooちゃんとの絡みはバクバクするよーなこともなく、楽しい時間が過ごせたんですと。

早い時間についたから、ほぼ貸切状態。
途中から、オーナーさんとこのアリーさんがチラッと顔出してはくれたんスけどね。

つか、この2匹、ずーっとこの調子。

芝生の広場を走るでもなく、これ。
ドッグランの必要ねーぢゃん。
ウッドデッキだけでええぢゃん。
最後に…
yamboの間違ったアジの使い方。
e0008833_10582537.jpg

yambo閉じ込めで一緒に慌ててくれたrikoさんお疲れさま~w
Qooちゃん、お付き合いありがとね。
福ちゃん、早くドッグランデビューできるといいな~。
[PR]
# by funkyhotdog | 2013-09-25 11:03 | 日常

yamboウィルス

こんちくわ。飼い主のバカっぷりにため息しか出ないびっくんです。
昨日、amazonさんから届いた文庫本~。数ヶ月前に読み終わった!とか言うとったやつやん。
アホ。
ボケ。
しかも、さほどおもろくなかったゆーとったやつやん。
タコ。
カス。
そのカス女、未だに太腿ジンジンでお悩み中なんスけど、只今帯状疱疹の薬を飲んどるんス。
帯状疱疹て、むかーし水疱瘡にかかった人がなるとかゆーウィルス性の病気らしいけど、このウィルスてのがおもろいんスね。
水疱瘡が治った~ゆーても、そのウィルス自体が体から消滅することはないらしく、背中の中心とこでずーっと共存しとるんですと。
で、トシとって免疫力が低下すると、いるべき背中の中心とこからワッセワッセと移動しくさって、移動先で悪さして皮膚の表面に水痘出したりすんですとー。
で、それが帯状疱疹といわれるやつ。
飼い主の場合は、水痘とか表面上は普段と変わりないんだけども…。
帯状疱疹は、飼い主も飲んでる抗ウィルス剤@バルトレックスゆーやつで治療するんスけど(この薬が意外にお高い)、これまたウィルスを完全に死滅させるわけぢゃなくて、いるべき場所、つまり背中の中心とこね、そこに戻す効果があるお薬やっちゅーから、おもろくねっスか?
ハウスですよ、ハウスー。
いや、そんだけなんですけどね。

天気よくて外に出すと、ばーちゃんにすっかけ始めるyambo小僧。
e0008833_1257335.jpg

小僧はまだ「ハウス!」の意味を理解しとりまへん。
戻ってこんかい!て怒鳴ってもダメ。
逆に、飼い主を舐め切った顔して走り出したりしてね。
あのときのyamboを人間に変身させたら、絶対飼い主に尻向けて、その尻をペンペンて叩いて、舌出してから走り出しとるね。
e0008833_1258744.jpg

10日間抗ウィルス剤飲み続けた飼い主。
e0008833_12585399.jpg

でも、未だにジンジンピリピリワサワサ感は取れんらしくてね。
で、オイラ、気づいた。
e0008833_1315137.jpg

ウィルスの中にもさ、yambo小僧みたいに聞き分け悪いやつがおるんとちゃうんか、と。
抗ウィルス剤がどんだけ「ハウスせんかい!」いうても「カトチャン、ペッ!」な反応しかせんダメなやつ。
e0008833_130517.jpg

だとしたら、どーすりゃええんスかねー。
忍耐スか?
ニンニン。
なんとかしたって~、サラばーさん(そこに頼むか)。
[PR]
# by funkyhotdog | 2013-09-19 13:10 | 日常

長い間、お疲れっした~

こんちくわ。台風一過、青空広がって気持ちよすぎで走り出したくなるびっくんです。
走るてゆーても、3mありゃ十分ですけどね。
さて。
先日…yambo小僧が何やら一生懸命クンクン臭い嗅いだり、前足でネチネチやったりを繰り返してるブツがあったんス。
その前足での触り方が、恐る恐るって感じで…。
飼い主、そろ~りと近づいて腰抜かすほど驚いたんス。
「オ、オィ!それは、もしかして…う、う、蛆虫と違うんかっ!?」と。
ここで早くもそのブツ、飼い主にウージーと命名される。
ウージーは米粒よりも一回り大きい感じで、なんだかヌメっとしてて…
「んぎゃー!やめろっ!食うな!」
飼い主がyamboを慌てて引き離し、再度ウージー観察。
(つか、そもそも蛆虫這ってる家て危なくね?)
動き出すのをじっと待つ。
んが、し、死んだのか?
yamboの鼻汁で窒息したのか、はたまた鼻圧で圧死したのか、ウージーはピクリともしなかったんス。
ビビり飼い主、テッシューでウージー回収。
鼻先に近づけて臭いを嗅いでみる。
うん、ちょっと臭い。
顔がどこにあるのか探す。
分からん。
老眼を心底悔いた午後。
テッシュで一度包んだからか、ウージーのヌメっとした感じはなくなってしもた。
e0008833_1313881.jpg

↑そのお肌カサついたときのウージー。
握り潰したる!と指先に力を入れるも、ウージー、強っ!
潰れねぇ。
で、よくよく観察してハタと気づいたんス。
おまい、あれやん。
e0008833_13222626.jpg

ばーさんのグラグラ米粒歯ぢゃねーのか、と。
e0008833_13232398.jpg

うん、あるべきところに、あの前方を示すよーな倒れた米粒歯、ナッシング。
長いあいだグラグラしながらもしつこくブヨブヨ歯茎に貼り付いとったけど、とうとう落ちてしもたんスね。
いや、お疲れ様でした。(抜けたのか折れたのかは分からず)
歯石やら歯糞にまみれてキモい色形になってしもたけど。
せっかく名前もつけてしもたから、捨てずにとっておいたるっスよ。
e0008833_13262362.jpg

ちなみに、抜け落ちたウージー以外は、どれも結構元気。
まだまだ現役でやれそうっス。
[PR]
# by funkyhotdog | 2013-09-17 13:31 | 日常

yamboの初泉ヶ岳

こんちくわ。台風被害の映像を目にするたびに、水、怖い怖いて言うてしまうびっくんです。
避難勧告、避難指示出とる人の数も半端ないし…
気をつけてくださいですよ。ほんと、マジで。
で、こんな日にこんな記事UPするのもどーかと思うですが。
3連休の初日の土曜日は、お天気悪くなかったとですよ。in仙台。
そんなわけで、男1人と1匹は朝から泉ヶ岳上りに行ったんス。
yamboにとっては初めての泉ヶ岳。
e0008833_10275381.jpg

山登り自体は、雪の笹倉山、飼い主と上ったことはあったけどね。

お天気よかったけど、実は意外とムシムシしとったらしく、水神までで既にバテバテでゲハゲハのyambo。
これだけ暑いと、自ら入水すんぢゃね?
と期待したけど、やっぱり踏ん張って体全身で拒否したらしいっス。
しゃーないから、抱っこで川向こう側まで連れてったら、戻るために仕方なく水辺に近づいてみる…っちゅー感じ。

うーむ、いつになったら克服できるんだかー。

「おし、たっぷり休んだから一気に駆け上って山頂落とすでっ!」(気合の継続時間僅か3分)
e0008833_10365684.jpg

ゲハハーゲハハーいいながらも、なんとか山頂制覇。
e0008833_10372180.jpg

数日間の雨でヌカるんだ箇所もあったから汚れたyambo。
家に帰ってきたら風呂に直行だよな~ヌハハ、なんて思ってたんスけど…
「川にザブンと浸けてきた」てゆー旦那さんの一言で、何故か風呂回避。
ええんか、それでw。
いや、そんなことより、旦那さんの撮った写真も動画も、ほんと鼻くそレベルですんまそん。
「写真、たくさん撮ってきてね」て頼んだら、同じ場所でバシバシ複数枚撮って終了~て感じやし。
周りの様子もさっぱりわからんし、どこ歩いとんのかもわからんし…これぢゃそのへんの林歩いてきたんとちゃうの?て感じやもんね。
飼い主の写真のセンスにもトホホだけど、旦那さんは飼い主が嘆くほどのダメっぷりっスよ。
ため息しか出ねぇ~。
ほんと、もちっと勉強して欲しいっスよ。
[PR]
# by funkyhotdog | 2013-09-16 10:45 | 里山登山