我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

田舎犬雪の里山へ

こんちくわ。その昔、ブロック崩しゲームてのがはやったですが、最近はブロック崩さぬとゆーゲームにはまってるびっくんです。
なにこれ。
ブロック崩しよりムズいんでねの?
そんなことより、先日のお休み、yamboと旦那さんで笹倉山に登ってきたとです。
e0008833_1061669.jpg

飼い主は未だに帯状疱疹で太ももイタタが治りまへんからね。
つか、ここ2,3日、また痛みがひどなっとるし。
ブロック崩しなんかより、医療費ケチらんでそろそろブロック注射に行ったほうがええんでないの~と思ったり。
ヨボヨボの飼い主とサラはお留守番。
「ええ写真、仰山撮ってきてね」
そういわれて出掛けたカメラマン旦那。
e0008833_109138.jpg

暗い。
暗すぎ。
何かよーわからん。
「亀岩んとこ、新しくこんなんできとったんですよ」とかゆーて見せてもらった写真も…
e0008833_1093953.jpg

yamboの顔にリードかかっとるやんけ。
e0008833_10103748.jpg

しかも全部縦イチ。
しょぼい。
しょぼすぎる。
神様お願い。
飼い主と旦那さん、どっちでもいいです。
写真のセンス、与えたまえーっ。
[PR]
by funkyhotdog | 2014-01-22 10:12 | 里山登山

田舎犬都会へ

こんちくわ。IGに写真UPしただけで、ブログを更新した気になっとったびっくんです。
最近「寒波くるぜー!水道管凍るかもだぜー!」てニュースに煽られてビクビクしとんですが、蓋をあけてみたら、なーんちゃない我が家周辺は一般常識から取り残されとるんでしょーかね。
昨夜なんて水抜きして寝たのに。
我が家の水抜きスイッチ、モーターがイカレポンチになってしもたんで、わざわざ家の外に出てペンチみたいなんでちっこい突起を回さにゃならんとですよ。
風呂上りに、さーぶい屋外に出なきゃいかんなんて、んもぅ不便この上ない。
つっても、やるのは旦那さんなんスけどね。
ところで3連休の土曜日、お年始のご挨拶っちゅーことで久しぶりにフィックスに顔出したんス。
e0008833_11404472.jpg

せっかくイケメンのキース店長の写真を撮ったのに、UPしてなかったんで今更だけどペタリンコ。
モテモテっス。
女泣かせっス。
e0008833_1141579.jpg

田舎の小僧は都会の香りに興奮したのか、落ち着きなくあっちウロウロ、こっちウロウロしとりましたが…。
ばーさんは途中からおかしなことになっとりました。
e0008833_11424722.jpg

ボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ。
存在を消したつもりか?
それで隠れたつもりか?
単に黄昏とるだけか?
しばらくこれ。
声をかけても無反応。
ま、耳聞こえんから無反応なんはしゃーないけど。
いやぁ、ドタバタとお世話になりました。
で、このあとrikoさんと合流してワンコOKのおでんやさんへと向かった我が家なのでありました。
初めてのお店やったけど、街中ガツガツ歩いた後だったからか、我が家の愚犬ら、どえらい大人しかった。
サラばーさんなんて、帰るまで他のお客さんに存在すら気づかれなかったしね。
他のワンコが吼えてもグースカピー。
耳が聞こえんとゆーのも、こゆときは都合がええのかも。
頼んだもの、どれも美味しかったし、機会があったらまたいぎたい。
[PR]
by funkyhotdog | 2014-01-15 11:49 | 日常

アワワな幕開け

こんちくわのおめでとう、新年。開けたしね。とりあえずはおめでとーの祝辞を述べるべきなんかなぁ~でも、我が家はあんまりおめでたくもないしなぁ~と複雑な気持ちでいるびっくんです。
年の瀬には…
e0008833_13532294.jpg

↑こちらのめんこちゃん(rikoさんちの福之助くん)ととことん山のバンガローで、いちゃいちゃ楽しい時間を過ごしたんですが。
除夜の鐘聞きながら、下痢と嘔吐の2所攻めで悶絶してた飼い主。
それでも年は明けたわけで。
飼い主は腹摩りながら脂汗垂らしとりましたが、
e0008833_14112071.jpg

こいつらは、いつもと同じような新年を迎えました。
お正月だから、普段のカリカリフードに、味のついてない餅なし雑煮トッピングしてもろて。
あ、ばーさんの場合は、特別に…
e0008833_14134369.jpg

こんなものもトッピングされましたが、これは正月に限ったことぢゃなく、毎日のこと。

で、話はぶっとびますが…年明け早々、飼い主の腹痛を超えるぷぎゃー!な事件が起きたわけです。
玄関横のハナミズキの根元にゴロンと転がる異様な物体。
にゃんと、狸が死んどったんですよ。
ペット斎場に連絡しよーにも、正月休み中。
本日、やっと引き取ってもらえたわけなんスけどね。
それまで、ずーっと我が家の敷地内に転がっとったわけです。
そら、気持ち悪くて家主も引きこもりがちになるっちゅーねん。

動物の屍骸の引き取りといえば、その昔…
実家の2階のベランダに猫の屍骸を発見したおかん。
すぐさま役所に電話したら、職員さんに
「よそ様の敷地の中にはワシらは入れんのですよ。だから袋か何かに入れて、家の前の道路に出しててくれ」て言われて、「んぎゃー!そんなことできるわけないやんねっ!
自分ちのペットならともかく、野良ですよ。どんな病気持っとるのかもわからんしー。触れるわけないしー。
こんな年寄りに、そんなことさせるん? こっちが発作起こして倒れたらどーすんの!」
食って掛かったそーです。
でも、やっぱりそこは決まりごと。
相手も引き下がりません。
そんなこんなでベランダに横たわる猫の屍骸を凝視しながらすったもんだしてると、その屍骸がいきなりヒョコっと立ち上って2階のベランダから飛び降りていったっちゅー話。
「んもぅ!死んでなかったんよ。昼寝しとっただけ。信じられる?すぐ傍で大声で電話しようのに、ピクリともせんかったのにー」
さすがおかん。
いや、そんなおかんの話がしたかったわけではなく、そーなのよね。
敷地内に野生動物の屍骸を見つけた場合、敷地外まで持って出るのは専門職員ぢゃなくて家主の仕事っちゅーこと。
我が家の場合も、やっぱりそーでした。
よかった、夫がいて。
狸は、どーも皮膚病を患ってたのか、後ろ足の毛がごっそりと抜け落ちて、そこが赤く爛れたよーになっとりました(キモいとかクネりながらも観察)。
そんなわけで、触らぬように袋にIN。

うちの2匹は元気ですよー!
てUPしようとプコプコ更新しとったのですが、この狸が引き取られてしばらくしたら、うちのばーさんが何やらおかしくなりました。
e0008833_14184095.jpg

呼吸が荒くなってね。
なのに震えが止まらなくてね。
眼球がちょっと飛び出た感じでね。
落ち着かないのか家中をウロウロ歩き回っててね。
狸の怨念?
いやん。
そんなことはともかく、ちょっと心配なんでこれから病院連れて行くです。
とまぁ、そんな年明け。
ね、アワワだわアワワ。
飼い主のお腹も未だになんだかユルユル気味だし。
ね、アワワでしょ。
しゃーないけどアワワ。

一応、タヌタヌの写真を撮ったのです
[PR]
by funkyhotdog | 2014-01-04 14:27 | 日常