我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

安楽死を身近に感じた日

まだまだ仮家に残したものは多いけど、色んな人の力添えで、とりあえず自宅に戻ることができました。
お世話になった皆さん、心配してくださった皆さん、ありがとう。
夫が自宅の掃除をしている間、2匹をつれてお散歩へ。
Dさんちの前を通ったら、家の中から窓をドンドン叩いて、サラとBJを呼ぶ声がしました。
しばらくして、家の中から飛び出てきたD奥様。
お洒落なエプロンかけたご主人も走り出てきて、しばらくぶりですね~戻ってこれたんだね、よかったね~と2匹を撫で回してくれます。
D家には15歳になるワンコがいました。
「ウノね…実は亡くなったのよ」
20日に、彼は旅立ちました。
首にシコリができてたのは知ってました。
そのシコリが、会うたびにどんどん大きくなってきてるのも気づいてました。
首のシコリが、首以外のところにも出来てるのにも気づいてました。
でも、いつ会っても艶のある毛並みは、若々しく感じられて、とても15歳には思えなかった。
でもやっぱり15歳。
手術でシコリを取り除くことは、年齢的にもそのシコリのある場所的にも無理だったとか。
医者も飼い主もただ見守ることしかできなかた数ヶ月。
「眠ることができなくなってね。ウトウトしだして30分もすると、痛いのか吠え出すの。横になれないの。もぅ見ていられなくて…。
獣医さんには以前から勧められてたんだけど、なんだか踏ん切りがつかなくてねぇ。
頑張って生きてよって。でもね、辛いのはウノだし。
辛いのに頑張れだなんてね、それもエゴなんぢゃないかって…。
随分…本当に随分悩んだんだけどね…」
D家のご夫婦は、安楽死を選んだそうです。
ポツリポツリと話をしてくださるDご夫婦は、時折目に涙を浮かべていましたが、その表情は始終穏やかでした。
「でもね、やっぱり寂しくてね。主人なんか、今でもウノが好きだったささみを茹でたりしてんのよ」
その後、供養だからね、と茹でたささみをサラとBJにくれたご主人。
安楽死。
今まで考えたこともなかったけど…。
実は、BJにも首にしこりがあるのです。
昔、唾液腺膿胞とゆー病気になって、喉が大きく腫れたことがあって…。
手術はせず、投薬治療でひとまず腫れはひいたのですが、ひいたといってもビー玉サイズのコリコリが残ってしまいました。
そのコリコリが、次第に大きくなってきているようで、現在はピンポン玉以上のサイズに肥大しているのです。
場所が場所だけに、良性悪性に関わらず、あまりにも肥大してしまうと呼吸にも影響するし、食事の際の飲み込みにも関わってきます。
もしかしたら、BJの最期もウノちゃんみたいになっちゃうのかな。
辛くても生きろ!
我慢して生き続けろ!
それは酷なことなのかもしれないよね、BJ。
もしそうだとしたら、安楽死。
それをキミは望むか?
そんなことを、語りかけちゃってた昨日。
(当のBJは、ささみのお代わりを要求してたのか、Dご主人に吠えまくっとりましたけど)

そして夜。
1年ぶりのベッドで、疲れて早々に横になったら…あのときの恐怖、再び!といった揺れ。
「これから、もっともっと辛いことだってあるかも、なんだぞー!」
そういうことなんでしょうかね。
自宅に戻った初日の洗礼は強烈でした。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-26 11:12 | 日常

イロイロあったね

e0008833_14105473.jpg



これからも、きっとイロイロあるよ。
でもとりあえずスタートラインまで辿り着いた。
てことで、明日の夜は家で一年ぶりの風呂。
一年ぶりのベッドで就寝。
片付けは完全ぢゃないけど、まぁ気長にボチボチね。
仮家生活も今日まで。
来週は家から仮家に通って、今までお世話になりました有難うの後片付けなのだ。
片付け苦手なのに片付け漬け。
だからって、こんだけやっても得意にならないところが不思議なのです。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-24 14:10 | 携帯から

犬ワッフル

e0008833_16124589.jpg


ヌクヌク暖房のきいた家で飼い主が掃除している間、我が家の犬らは寒々しい仮家でワッフルごっこ。
まずそう。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-19 16:12 | 携帯から

犬のイヌまに大掃除

昨日、家に戻ってチマチマ片付けやっとったのです。
壁の漆喰が地震で崩れ落ちた上、工事の際、研磨なんぞをやってくれたから、とにかくどこもかしこも片栗粉撒き散らしたみたいな状態でして。
食器棚に入れてた食器類も、クローゼットの中の衣類も、みーんな粉まみれ(夫は飾り棚にあった皿を、洗わず雑巾で拭いとりましたが…)。
そんなわけで、台所に立ってブツブツ文句垂れながら洗い物やっとったわけですが。
一年ぶりにシンクの蛇口を捻ったら、えもいわれぬ異臭が排水溝からプ~ン。
地震の際、とりあえず落ちたら大変なことになりそーだと(その瞬間思ったのか)シンクに突っ込んでた蓋つき小鉢の蓋を開けてみたら、お前、生前は何だったんだ?そしてこれから何になるつもりんだ?と首を傾げたくなるような蛙の卵みたいなネバネバしたもんがそこにあってドヒャー!
ひっくり返りそうになりました。蛙だけに。いや、入ってたの蛙とは関係ないと思うけど。
改めて気づいたのが、タッパー類の多さです。
んで、容器と蓋を別々に洗い終わったら、その後がさぁ大変。
あら、この蓋はどいつのぢゃ?と。
中には、地震の際に容器のほうが割れてたりして、割れてるからって速攻ゴミ箱行きになったのに、蓋のほうはしっかり洗ってしまい「数、合わねーぢゃん!」なんて。
マジ神経衰弱。
台所の床も、いろんなモノがぶちまけられてたしで(トマトソースとか)、どえらく汚かったのを必死こいて拭き掃除して取り合えず昨日の作業は終了。
んで、本日。
前日、綺麗に拭き掃除したハズの床に、シンク下の戸棚の前になにやらどす黒い液体の塊がありました。
こんなところに、なーぜー?
恐る恐る棚を開けたら、下段がなにやら液状化。
入ってた調味料のストック類も全てどす黒い液体まみれ。
一つずつ引っ張り出してたら、ブヨブヨとした黒いクラゲみたいなものが、ひとーつ、ふたーつ、みーっつー、よーっつー。
ギャォーーーーッス!
奥さん、知ってましたか!?
桃の缶詰って、10年近く放置してたら爆発すんですよ!
そうです、棚の一番奥に放置されてた桃缶の蓋が、パックリンチョ。
ほんで爆発した衝撃で倒れて、中の汁も具もこんにちわしとったのです。
桃缶て、食べないのよね。
でも捨てるに捨てらんないのよね。
いつか、誰かが…
なんて思ってたら、このざまですよ。
そんなこんなで、我が家の掃除は只今年末大掃除より大掛かりになっとる次第にござります。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-19 12:14 | 日常

春は、もうすぐそこに

e0008833_15464284.jpg


土砂崩れがあった、我が家の家の前。
その法面の上の道路の復旧工事が終わって、通行止めがやっと解除された。
出来たての道路から下をみたら、うわーっ!
見晴らしよすぎて、我が家が丸見え。
四月までには戻ったるからなー。
待っとれ、我が家。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-16 15:46 | 携帯から

久々の健康診断

健康診断いって来ました。
去年は健康診断どころぢゃなかったから、2年ぶり。
健康診断に毎回持参する、うんこですが…。
診察日の5日前から2回にわけて検便しなはれと、容器を二つ渡されまして。
ほら、キャップのほうに耳かきみたいなのがついてるアレ。
1回目は4日前に問題なく採ったわけですよ。
んが、2回目。
当日の朝に必ず採取できるとは限らないから、2日前に絶対採らねば!と意気込んでおったのですが、その前の日にしこたま酒を飲んだのがいけなかったのか、力んでみたらアララの水糞。しかも、この世のものとは思えぬ異臭。
でもまぁいいやと、耳かきで糞を掬ってみたら、なにやら緑色のひょろ長~いモノがベロンと掬えてしまいまして。よーく見たら草でした。完全なる消化不良。
ええ、それを無理やり容器に突っ込んで提出しましたけど。

そんな汚い話はさておき、健康診断です。
2年ぶりに乗った体重計は2年前より5キロも多い数値を叩き出し、おまけに2年前には全く見られなかった脂肪肝つーものが見受けられ、挙句の果てには心電図を見た医者に「狭心症の疑いあり」と脅されてしまいました。
糞の検査結果が出る数日後には、これにまた怪しい項目が増えてしまいそうですが、まぁしゃーない。
体を動かす回数が減って、酒浴びる回数が増えてたんだもんね。
当然の結果だったのかも。
家に戻ったら、またボチボチ始めるとします。
褌引き締めて山歩き。
今日のところは、バリウム飲んだあとの下剤で褌引き締めたりしたら恐ろしいことになりそーだけどねー。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-14 12:33 | 日常

一年後のその時

e0008833_14532928.jpg

お世話になった多くの人たちに感謝の気持ちを込めながら…
あのときの場所であの時間を迎えた。
内装工事が終わって、あとは震災直後のままになってた倒れた家具や散らばった物の片付けを残すのみ。
二匹には、何にも理解できないのか、積み上げられた荷物の中からオモチャ見つけてガシガシ。サラはウロウロ。
なんか生き生きしてる。
飼い主は、あの瞬間を思い出して動悸がするのに。
たくさんの人や動物たちの命が奪われたんだよ。
分かってる?
わかんないか。
ここに戻ってこれるのは、もうちょっと先だけど、いいんだよな、わかってなくて。
君たちにはわかってないほうが、いいんだ、うん。
あの揺れを忘れてくれてるほうが、いい。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-11 14:53 | 携帯から
お散歩で時々お会いするCさんは、ちょっとユニーク。
拾った犬の糞を、ちり紙で包むようなこともせず、じかに透明のビニール袋に入れて、そのままプラプラぶらさげてお散歩。
「最近、散歩中に誰にも会わなくてさー」と、たまに会うとその糞入り袋をぶら下げた手を振って近づいてくる。
「誰かに会わないかって、もぅこの周辺(多分1ブロック)回ったの4回目だよー。やっとサラちゃんたちに会えた~」
なんてね。
そんなCさんが、愛犬のために利用している病院てのが、近所ではあまり評判のよろしくない某S動物病院なのです。
「去年、突然動けなくなってね。S病院に連れてったのよ。ヘルニアっていわれたんだけどね。でも手術はできないから、痛み止め飲ませて、あとはほっとくしかないって言われたの。もし、どうしても手術したいんだったら、病院を紹介してあげるけどって。で、結局そこで手術したんだけどさ」
ほうっておくしかないだなんて、ほれみたことか。
やっぱり噂通りの病院ぢゃないか、やんややんや…とまぁ、周りの皆に病院を変えるよう勧めらるとゆーようなことがあったのです。
そして数日前、久しぶりに元気にお歩く愛犬を連れたCさんとばったりお会いしたら…。
「あのS病院の院長先生だけどね…あの人、オオモノだったのよー!」
えっ?
オオモノ?
大物?
どゆこと?
ものすごーく偉い人なわけ?
首を傾げてたアテクシにCさんは、こう続けました。
「犬猫ぢゃなくてね、牛とか馬が専門だったんだってー!」
オオモノて、診る相手の大きさのことやったんかぃな!(笑
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-09 11:14 | 日常

天空への回廊

e0008833_13594471.jpg


どこに置いたっけって探してたら、チミが枕にしてたんかー。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-07 13:59 | 携帯から

今朝の散歩

e0008833_11262173.png


数日前にやっと春らしくなってきたなーなんてルンルン気分になってたら、冬に逆戻り。
ぬか喜びやったな。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-03 11:26 | 携帯から