我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 101 )

久々のテント泊

こんちくわ。そのくらいの言葉、原稿なんか読まずになして言えねーの?と某小沢の会見見ながら思ったびっくんです。つか、なーも心に響きませんでしたな。右から左。あの人、いったい何がしたいんやろか。新しい党作るってのも、お金がいるんスよね。
どんだけ金持ってんだ(羨。
TVつけると、どどーんと気持ちが沈むニュースばっかなんで、週末は現実逃避しにいってきたですよ。
秋田方面は土日のお天気、マズマズな予報やったから。
そう、とことん山。
今回はバンガローぢゃなくて、久々のテント寝っス。
「インナールームはテローンてなって、テローンてなったところが顔とかに当たって気色悪いからヤダヤダ!」とか飼い主、ごねとったんですけどね。
却下されとりました、ケケケ。
現地に着いたら、既に4,5台の車。
前回さくら家が設営しとった管理棟の傍に我が家を建造したです。旦那さんが。一人で。
その間、飼い主は何しとったかっちゅーと、缶ビール片手に風呂ですよ。
何様のつもりなんでしょか。
e0008833_10361115.jpg

もぅ虫がわんさか飛び回る季節になってしもたんですね。
旦那さんは場内を散策して、ヨモギ毟りに精を出しとりまして。
採ってきたヨモギを焚き火台の中にボーン。
虫除けです。
いい感じにオイラたち、燻されとります。
煙い。
地面をヂ~っと観察したら、アリさんもワンサカおりました。
アリの巣もボコボコ。
自分の体の数倍もある獲物をえっちらおっちら巣に運んでる、その涙ぐましい姿をヂ~っと見ながら…、飼い主、獲物摘まんで巣から遠ざけて遊んでみたり、巣穴にチョロチョロ水かけてみたり、水はちっとも効果ないわいと愛情と言う名のビール注いでみたりしとりました。ロクな大人やありまへん。
つか、デカいんですよ。お山のアリって。
あ、我が家のデッキには体長2センチ超えのアリが歩いてたりしますけどね(多分女王アリさん)。
e0008833_10383831.jpg

そんなこんなで、理科のお勉強してたら(どこが)あっとゆーまに夕飯の時間。
今回はサルでもできる簡単アヒージョです。
つか、しばらく我が家のキャンプ飯の定番になりそう。
バージンオイルをドボドボ~(1センチくらい)、アンチョビ2,3枚ぽいっ、にんにく丸ごとドーン(5個くらい)、ブラウンマッシュルームどーん、トマトどーん、今回はお蛸さんでどーん、パセリドバー。これだけだし。
バケットも面倒なんで、焼かずに。
e0008833_10493721.jpg

パセリは大量投入したほうが旨いですな。バケットにこのオイルソースつけて食らうんですが、旨すぎて食いすぎて次の日胸焼けするほどです。
未だに適量とゆーのが夫婦そろって分かりません。
野菜スティック(とゆーか、最終的には切らずにかぶりついてた)は持参したアボガドソースで。リンクルマンちにもらったハラペーニョ入ったPICANTEソースてのがこれにめっちゃ合うのです。うまー。酒もすすむー。呑みすぎるー。
あ、オイラたちはカリカリ飯でしたが。
さくらんぼは何個かもろたです。
種ごと。
種がうんこに混じってちゃんと出てきてるのが、未だに確認されとらんのですが、大丈夫なんでしょうか。
この日、キャンプにやってきてたワンコ連れキャンパーさんは我が家の他に2組おったのですが、オイラもサラも全く絡みはなかったです。
ゲレンデで遊ぶワンコもいなかったんで、しばし貸切を堪能でけました。

家の周りの散歩ぢゃ、踏ん張って全く歩こうとしないサラなんですが…なんだこりゃ。
元気やないですか。
元気、有り余っとるやないですか。
ま、後ろ足は若干弱ってきて踏ん張りきかなくなってきた感もあるけど。
やっぱ芝地がええんですかね。
走るって、楽しいんですかね。
そんなわけで「たまには思い切り走れる場所に連れてってやらんといかんな」と飼い主も旦那さんも思った週末キャンプやったのでした。
2日目、午後から秋田も雨予報やったんで、簡単な朝ごはんを腹に詰めたら、お昼ちょい前に撤収。
お陰で幕体を濡らさずに帰ってくることがでけました。
関係ないけど…
帰りに、花山の道の駅で安い野菜を物色中…
でっかい無臭生にんにくがあってね。
その前で「無臭てさぁ、さほど美味しくないんだよね」なんてゴニョゴニョ小声で喋ってたら…
「うまくねんだー、生はな。ほんと、うまくねーのよ、ウンウン」といきなりかぶってきたばーちゃん2人。
夫が試食用のグミを口に入れて、ちょっと歪んだ顔で種を出そうとしたら、また先刻のばーちゃん2人が音も立てずにいつの間にか近寄っていて
「んだ、渋いんだー。んっと渋いんだーグミはな」
夫より早くかぶせてきました。
おもろすぎ。
でも、叔母3姉妹の鶴ちゃん、亀ちゃん、松ちゃんの…松ちゃんを思わず思い浮かべてしまったのでありました。似てるー。田舎のばーちゃんて、こゆ人多いのかしらねぇ。
松ちゃん、元気かのぅ。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-07-03 11:16 | Comments(4)
(長いよ。ほんでもって、犬ネタないよ。ごめんなさい)

日曜日、山元町へ行って来ました。
山元町も他の沿岸部の町と同じように、津波の被害を受けたところ。
一時期は山元町にある深山とゆーお山に、よく2匹を連れて上りにいってました。
山頂からの眺望がとってもよくて、お天気がよければ町並みとそしてその向こうに広がる海が見渡せたのです。
「地球って丸い~」
なんてのを何度感じたか。
なぜ山元町へ赴いたのかとゆーと…。
「鎮守の森復活プロジェクト」が開催されたため。
被災生活から元の家に戻って、ようやく少しずつだけど外に目を向ける余裕もできたしね。何かやらんと、と。
早めに自宅を出たので、開会式までの時間、海沿いを走ってみました。
昔よく行った荒浜港、鳥の海に。
あの懐かしい風景はどこへ。
家が殆どありません。
なに、どこココ。
基礎が残ってるから、家がたーくさん建ってたんですよね。
中には1階が骨組みだけになった、きっと新築だったんだろうなーと思わせる素敵なデザインのおうちも。
e0008833_13132590.jpg

壁に打ち付けた板に「救援活動をなさってくれる皆様、どうもありがとうございます」とお礼の言葉が書かれてあるお宅もありました。
だだっぴろーいのっぱらに、ぽつんぽつんと建ってる家。
知らない人が遠くから見たら、きっと新しくできた造成地なんぢゃないかと思うような光景。
でも近寄ると、建ってる家だって横に回ればガラス窓は割れて中はグチャグチャ。壁にはここまで濁流に飲まれましたを記す痕がクッキリ。防犯のため中に入れないよう割れた窓や扉を荒く木で打ちつけてあるのです。
もぅこの場所は宅地としては使えない。たしかそう決まったはず。
でもここにいた人たちにとっては、愛着のある土地。
終の棲家と決めて暮らしてた人だって沢山いたんですよね。
基礎を残すだけ、あるいは更地になってしまったその場所には青々と草が生えてました。
その更地になった場所に車を停めて作業をしておられる人が何人かいらっしゃいました。
もともとそこに住んでた方。
家のあったその場所に、野菜を植えて畑にしておられました。
ある青年は車を停めて、海を見るでもなく、多分家が建っていたのだろうその一角をじーっと眺めてたり。
仮設で新しい生活が始まったっていっても、そうだよね、すっぱり忘れるなんてできないよね。
なんだか元の家に戻って、ぬるーい生活をしてる自分が恥ずかしくなります。
「この辺、たしかほっき貝飯とか売ってたところだよね」
元は公園だった場所は、現在ことごとく瓦礫置き場になってます。
鳥の海周辺は、でっかい魚市場があったためか、積み上げられた瓦礫が…とにかく臭い。
1年以上経ってるのに、まだ臭い。
e0008833_13101228.jpg

思わず鼻を覆いたくなる臭さなのに、薄汚れたマリオは笑顔でした。
e0008833_13365931.jpg

確かここは鳥の海の都市公園があったところ。
遊具も津波の力でグンニャリ。
なんかいたたまれない。
直視できない。
逃げ出したい。
ほんと、アテクシってダメなやつ。
思わず「まだ早いけど、行こうよ。受付しちゃおうよ」と車を出すよう夫に催促したのでした。
早めに会場となってる八重垣神社に到着しました。
といっても、神社そのものは津波で全て流されてしまって跡形もありません。
e0008833_1344412.jpg

テントでまず受付。
このときなにげなーく夫の後姿(麦藁帽子が異様に似合っとる)を撮ったけど、一緒に写り込んでる赤いパンツの方、青いシャツの女性(ご夫婦)に後々随分お世話になりました。
東京からわざわざ駆けつけてくれた木を植える活動をなさってるボランティアの方です。
んもぅ、凄いの。
どんぐり拾ってきて、おうちのベランダで芽を出させてある程度まで大きくして植樹~。そんな活動しておられるんですと。
どんぐり拾うのはアテクシもよくやってました。
宇樽部キャンプ場にゴロゴロ落ちてるどんぐりをビニール袋いっぱいに拾ってね。
「いっぱい木よ、生えろー!」って叫びながら隣の調整池にボーン!
ただ放り投げる。
これぢゃ、ダメなんだって。だよな。薄々気づいてはいたけど。
育て方も丁寧に教えてもらいました。
木の名前や区別の仕方も随分教わりました。
あと、今回植樹するスダジイのどんぐりが、かなり美味しいってのも教えてもらいました(胃袋にロックオン。育てて食ってみたいぞ)。
午後1時、開会式が粛々と始まります。
八重垣神社の宮司さん(なんと女性)の挨拶に始まって、日本財団のお偉いさんの挨拶…。
で、最後に「待ってました!」のあの人が壇上に登場です。
夫はこの方に多分、会いたくて会いたくてしょーがなかったんだと思います。
恋か?
e0008833_13515265.jpg

植樹の神様。宮脇昭せんせです。
フランス映画の「木を植える男」ってゆー素敵な映画、ご存知ですか?
まさにその主人公のような方なのです。
こんなサイトを見つけたので、お暇があったら覗いてみてください。
隣に座ってた夫の顔、幸せそう。
やっぱ恋か。
と思ったら小声でこう返してきました。
「ね、ヨーダに似てるでしょ」
ぶはーっ!
ヨーダてのが映画の中でどんな位置づけなのか、映画を観てないアテクシにはよくわからないけど、この時点でヨーダ=いいやつ。とてもいいやつ。すごいいいやつ。が決定。
もぅね、お話は面白くて引き込まれちゃうし、なにより木に対する愛情(当たり前か)がビンビン伝わってくるのです。
今回植樹するのは21種類。
主だった苗を先に挨拶したえらーい人たちに持たせて、大きな声でその名前を呼ばせる。そして皆も一緒になって3回連呼。
そうそう、上のリンク先のブログに書かれてたみたいに。
「タブノキー!タブノキー!タブノキー!」って。
恒例行事だったんだ。
でもお陰でしっかり名前が記憶に刻まれました。
それとタブノキってすごい木なんだぞってのも。
あとあと、神事によく使われてるサカキってのがあるけど、それより葉の茂り方が多いヒサカキを使用してる神社もあるとか。ヒサカキ=非サカキ。サカキとちゃうヨ、か。
「ニセモノを使っちゃいかーん」なんてことも言ってたっけ。
あ、今回はサカキ、そしてニセモノのヒサカキも植樹しましたが。
e0008833_1484712.jpg

大きく育つ常緑樹の苗を30センチくらいの間隔で植えていきます。
んで、手前の縁には15センチくらいの間隔で背丈の低い花が楽しめるムラサキシキブやヤマブキを、隣とかぶらないよう植えていきます。
意外と間隔、狭い。
でも、これでいいんですって。
ふーん。
e0008833_1413381.jpg

植え終わったらこれでもかっちゅーくらい、藁をかけていきます。
恋焦がれるせんせが近くにいるもんだから、張り切る夫。
何気に被ってる麦わらがおソロなのか嬉しかったらしい。
e0008833_14151937.jpg

最後に、風で藁が飛ばされたり雨で流れたりしないよう紐をかけて作業は終了。
参加されてたおば様数人が夫の目の前で、せんせに握手を求めてました。
羨ましそうな顔をする夫。
「ツーショットで写真、撮ってもろたら?」
そう勧めたんですが、「い、いやぁ~」なんて恥ずかしがっとりました。
やっぱ恋だな。
いやぁ、かなり凹んだ気持ちでスタートしちゃった植樹でしたが、終わってみればなんだか充実した記憶に残る一日でした。
帰り、宮脇せんせが作った森があるんだヨ!寄りたいんだヨ!と夫が言うので輪王寺へ。
ここで、また夫の宮脇せんせラブな話を延々聞かされたのでした。
津波被害を受けた地域や人のために、少しだけ、ほんのすこーしだけでも力になれたのかな?
いや、それは後付け。
自分のほうが楽しんぢゃたんだけど…。
山歩きがを楽しむためにも、木のことにももっと目を向けなきゃな、なんてね。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-06-25 14:37 | Comments(0)

アレアレアレ



アテクシとrikoさんの会話だ…
[PR]
by funkyhotdog | 2012-01-07 13:03 | Comments(2)

ただいま

コメントくれた皆様、どうもありがとです。
ほんと、ありがとです。
サラ、退院いたしました。
入院中、せんせをビックラさせたことがありましたが。
点滴中って、おしっこの量が増えるんだとか。
何度か排泄にと外にはだしてたんだけど、どうもチョロっと漏らしちゃうこともあったらしく…。
「タオルに血がついててね。鼻血流しとったんですよ。なんでかなーって、隠れて観察してたら(隠れんでもええやろ)、タオルについたおしっこ跡を隠そうと鼻先でタオルをグリグリやってたんだよねー。それで擦れちゃって鼻の周りの皮が剥けちゃって出血してたみたい」
証拠隠滅、ここでもやったか(笑
なんだか切ないのぅ~。
退院時には出血は完全に止まってたものの、鼻の周り真っ赤でございました。
んで、問題の眼振ですが、退院時は左右にユーラユラ揺れる程度。
現在は、目視では動きは殆ど感じられないほど回復しとります。
ただ、斜頚はこれ以上期待でけんのでしょうか。
右に若干傾いたまま。
傾いてるから、散歩時はどうしても右にぃ~右にぃ~と寄っていってしまいます。



ブルブルやると横にぶっ倒れたりしますが、ブルブルしなくても時々ヨロけたりしますが、まぁしゃーないな、と。
[PR]
by funkyhotdog | 2011-10-02 13:27 | Comments(11)
こんちくわ。物忘れが益々ひどくなってるりえぴさんです。
ええと、狭いスペースに無理矢理よじ登って、こんな可愛い(親ばか)格好で寝こけてる我が家のお饅頭。
e0008833_19225154.jpg
ごめん。
サラのときもそうだったけど…
でもって、びったし10日違いだから、忘れないようにすっぞ!とあの時誓ったハズなのに。
あははあはは。
やっぱりチミの誕生日も、すっかり忘れとりました。
9歳になっておったのね。
人間のトシでゆーと、52歳なのね。
年上なのね。
あははあははあははー。
なんのお祝いもせんで、ごめんごめん。
ついでに、年上に対して上から口調でごめんごめん。
でも上から口調は、これからも続くで。
e0008833_1925777.jpg
ズルッ!
[PR]
by funkyhotdog | 2009-09-01 19:29 | Comments(6)

マグロとウミウシ

こんちくわ。記者会見の丸明の社長の変貌振りにびっくりのびっくんです。とりあえず謝っとこか感モリモリ。全く反省してない人のお手本のようでしたねー。
ところで昨日、飼い主はwild-1にケロランタンのケースを買いに行ったです。
rikoさんも一緒に。
rikoさんは山登りするときに絶対必要やろ!っつーんで、熊除けの鈴をこーたです。
んで、その後、4匹揃って宮床へ。
貸切やったっスよ。
カシキリー。
飼い主はバックの中にフリスビーを仕込んどったんですよ。
そいつを取り出してポ~ン。
e0008833_1817181.jpg

「走れー」て。
「キャッチしろー」て。
フリスビーは2つ。
オイラは飼い主が手にしてない、見捨てられたほうのフリスビー(先に投げて、サラが見向きもしなかったため落ちたままのやつ)狙い。
そのフリスビーまでの最短距離を即座に計算して、紳士的に近寄っていくんス。
サラは走っとったですよ。
空中キャッチとかは絶対しませんけどね。
つか、できませんけどね。
んで、その走るサラをQooさんと梵さんが追いかけるんスよ。
走る3匹。
e0008833_17551011.jpg

あ、上の写真は躍動感なんつーものがありませんけど。
そりは飼い主のカメラの腕がダメダメちゃんだから。
つか、しばらくしたら、riko家の2匹に集中攻撃浴びせられとりました@サラ。
「加齢臭が気に入らないのよー!」ってことでしょうか。
いじめられとりましたよ。
特にQooさんに。
「女として、許せないのよっ! 身だしなみには気をつけなさいよーっ!」
とでも言うとるんですかね。
あ、その言葉はかつて、飼い主が新宿2丁目のニューハーフのお店で言われた言葉だ。
「あんたみたいなどブスに生理があるなんて、許せないーっ!」とか言われたらしいスよ、プププ。
まぁ、避妊手術しちゃったから、サラにはもぅ生理はないっスけどね。
それなのに・・・
ホラ。
e0008833_1758760.jpg

何がどーなってんだか・・・
梵さんがおかしなっとりましたよ。
e0008833_1810945.jpg

ずーっとサラの股間に貼り付いてんの。
金魚のフンみたいに。
挙句の果てには、泡提灯噴いとったですよ。
熟女好きなんでしょうか。
そこから香るのはヘロモンぢゃなくて、残尿臭っスよ。
あまりにしつこいんで、オイラ、一応とめにはいったとゆーか。
まぁほら、戸籍上(ナイナイ)は夫婦っスからね。
不貞行為はアカンよと。
e0008833_185938.jpg


張り付いた梵さんとサラの股間に割って入って、仲を引き裂き・・・

その後、どーしたと思う?
コイツってば、うんこ座りして↑の写真撮ってた飼い主の股座に頭突っ込んだのよ!
アタイの股間を守るどころか、飼い主の股間にベッタリだなんてー。
梵さんより酷いセクハラだわよ!


あー、しーらねー。
e0008833_1894933.jpg

しーらねっと。
e0008833_18134868.jpg

まぁ、梵さんやQooさんに攻撃されっぱなしのサラやったっスけど(オイラ、傍観。しかも草食いながら。無責任?)、彼女の堪忍袋の緒はもっすご細くて脆かったっスよ。
e0008833_1815559.jpg

育ちの悪さは隠せないとゆーか。
極道の血、沸点に!
ドーンて体当たりして、Qooさんゴロンゴロンてなっとったです。

こんなひと時を過ごしたわけですが・・・。
「海に住む生物に、サラとBJを例えたら・・・」
なんてことを飼い主が言うとりました。
ほぅほぅ、例えたら・・・
ナンだ?

サラはマグロ。
BJはウミウシだな。


ゴマフアザラシの赤ちゃんかと思ったら、ウミウシかよーっ!
[PR]
by funkyhotdog | 2008-06-27 18:25 | Comments(2)

食べちゃいけないモノ

こんちくわ。
このエントリは、島根のおとっつぁん獣医@ヤンせんせのブログより仕入れた飼い主メモでございます。
循環器セミナーにて得た情報
「ぶどう 19.85g レーズン 3.11g以上
わんちゃんに食べさすと、急性腎不全の可能性があるそうです」

アボカドも危ないんですと。
ま、あげたことないし、これからもあげるつもりさらさらなかったんでええんですが・・・。
んでも、アボカドもNGだなんて、知らんかったわー。
[PR]
by funkyhotdog | 2007-10-04 17:24 | Comments(6)
こんちくわ。農林水産大臣に選ばれた遠藤武彦氏の写真を見ると、ついマジックで頭髪を描き添えてあげたくなるびっくん@多毛症です。あと、鼻の穴に親指も突っ込んでみたい。絶対入るね、アノ穴。
つか、もしかしたら、未だに観測できてないブラックホールってのは実は彼の鼻の穴ぢゃないかとオイラは見てるっスよ。狂牛病に見舞われた牛さんなんか、ぜーんぶ吸い込んぢゃってたりしてねー。
そんなことより…。
うちのサラおばはん。
前足の肘んところが、すっかりうすら汚れてきとりましてね。
e0008833_2041781.jpg

風呂でゴシゴシ洗っても、このクロズミが取れんそうです。
毛も随分と抜けた…とゆーより途中で切れてるっつーか。
この黒ずんだ部分だけ、一部刈りちっくに短くなっとるんス。
飼い主はこれをタコと言うとります。
e0008833_20424631.gif

多子さんを両手に従えた女、サラ。
どひゃー。
てことは、8本かける2匹ぷらす4本足っつーことになるんですかね?
e0008833_2044027.jpg

益々戦力アップっつーことよ、ウヒャヒャー。
え?
でもタコでしょ。
ヌメヌメのニュルニュルの脱力系のタコでしょ。
きもー。
でもってよわそー。
でもウマそー。
e0008833_20461627.jpg

タコタコいうけど、れっきとしたアタイの前足なんだからー!
食うんぢゃないわよ!
このうんこオヤジがっ!


皆さんの前足にもタコさんくっついとるんスか?
[PR]
by funkyhotdog | 2007-08-28 20:47 | Comments(2)

役立たず

e0008833_9183565.jpg

オイラたちは勿論見てるだけっスよ。
[PR]
by funkyhotdog | 2006-10-29 09:18 | Comments(0)

ばちぼち…

e0008833_9165040.jpg

アリーさんの撤収です。昨夜の雨と風は凄かった…。
今も風は結構強いけどね。でも、お陰でテントが乾いて撤収が楽になるっちゃ。
[PR]
by funkyhotdog | 2006-10-29 09:16 | Comments(0)