我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フテブテしい

こんちくわ。昨日からちーと喉がいがらっぽいびっくんです。嘘です、いがらっぽいのは飼い主です。無職だから人にあうこともあんまりないんで、きっと昨日行った動物病院の待合室で何かヘンなモンを移されたんと違うやろか、と疑ってるっスよ。
いやぁ~、昨日の病院ではなんだかほわーんとなるようなことがあったです。
オイラの後に診察室に入った1歳になるかならんかのミックス犬さんと、その家族(20代のおかーさんと6歳くらいのにーちゃん、それに3歳くらいのおとーと)。
先ににーちゃんが診察室から出てきて、その後おかーさん。
おかーさんに引っ張られるようにおとーとくんが出てきたんだけど、診察室の扉を掴んでワーワー泣き始めたんスよ。
「やだー! やだー!」て。
子供歯医者ぢゃないよ。
ココは動物病院。
チミ、治療しないのに、なぢぇ泣くの。
聞けば、この日は一緒にやってきたミックス犬の去勢手術の日だったんだとか。
おかーさんは3歳のおとーとくんに「大丈夫だってば! せんせに〇〇(←ワンコの名前)をあげるわけぢゃないんだよ。後でお迎えに来るんだから」ってしきりに説明してたんだけどね。
それでも、おとーとくんは「やだー! 置いてかないー! 〇〇と一緒にいるーっ」と号泣。
オイラ、ホロっときたっスよ。
でもって、思わず泣き喚くおとーとくんのそばに寄り添ってしまったっスよ。
したら、おかーさんが「ホラ、ワンちゃんが心配してきてくれたヨ」て。
その後どうしたかっつーと…
おとーとくん、オイラをガシっと抱きしめて…とゆーか、オイラに覆いかぶさってワーオワーオ。もっと激しく泣いたんス。
ぐ、ぐ、ぐるぢぃ。
このときの様子を、なーんでカメラに収めてなかったかな~と悔やむ飼い主。

デジカメ持ってかなかったの。反省~

それより、飼い主はなかなかオイラを放してくれないおとーとくんが、もしかしてオイラのことを連れて帰るとか言わねーだろうかと心配しとったらしいけどね。

おとーとくんは、若いおかーさんに引きずられて病院から去っていきました。

3歳の子にも離れる寂しさとかあるんだなーと。
愛されてるってええなーと。
ちょっとホッコリ。
ホッコリといえば、瞼の疣を病理検査に出した結果が分かったです。
せんせの言うとおり、やっぱしマイボーム腺腫(良性腫瘍)やったっス。
まずは悪性の腫瘍でなくてよかったな、と。
ホッコリとゆーより、こっちはホッ、だったんスけどね。
でもって、術後からつけとるライオン変装ギア。
e0008833_13355813.jpg

1週間くらいはつけといて欲しいとか言われちまったっスよ。
そろそろ慣れてきたし…ええんですけどね。
つか、慣れすぎて、ふてぶてしいとか言われてますけどね。
おまい、どこの重役や!とか言われてますけどね。

ふてぶてしいのは、腹回りが太いっちゅー意味なんスか?
[PR]
by funkyhotdog | 2009-01-28 13:44 | 日常