我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

コンベニア(R)注

こんちくわ。「無毛犬から見つかった突然変異遺伝子が、人間の抜け毛の治療法を見つける手掛かりになるかもしれないと、スイス人グループが主導する研究が明らかにした。」なんつーニュースを見て、無毛犬ってのはおまいおことか?なんて飼い主に言われたびっくんです。
チャイニーズ・クレステッド・ドッグ
メキシカン・ヘアレス・ドッグ
ペルービアン・ヘアレス・ドッグ
なんてのが、無毛犬のところにかかれてあったけど…
ありゃ?
チャイニーズ・ヘアレステッド・ドッグてのは存在しねーの?
e0008833_12114123.jpg

サイトに載ってたこのトサカ犬のこと、てっきりチャイニーズ・ヘアレス・ドッグて思うとりましたが…違うんけ?
つか、今のオイラにとっては、人間の抜け毛治療法より、同じワンコの禿げにその研究を生かして欲しいがなー!と思ったり。
ところで、その禿げなんスけど。
今まで抗生物質を錠剤で飲まされとったオイラですが…
このたび、新薬にチャレンジいたしまして。
つっても、別に禿げにピンポイントで効く特効薬とかではなく、こいつを一本ブスリと打ち込めば、2週間、抗生物質や整腸剤を飲まなくてもええとゆーものです。
その名も、コンベニア(R)注
(アホな飼い主は、ずーっと「コンバイン」と言うとりました。いくら米好きだからって、そりゃないわ)
ま、
「毎日錠剤飲ませるのが大変だ」なんつー面倒臭がりな飼い主さんや、
「飲ませ忘れちゃった」なんつーうっかり飼い主さんや、
「ある程度よくなったから、もぅええよね飲ませなくてもー」なんつー勝手な判断で打ち切っちゃう飼い主さんにお勧め(この場合は特に獣医さんが飼い主にお勧め・笑)とゆー注射なわけ。
ま、注射を打ったからつっても、オイラのばやいは毎日抗ヒスタミン剤は飲まされとるし、3日おきのシャンプーも相変わらずなわけですけどね。
抗生物質の錠剤を毎日飲むよりは、注射打った直後から数日間の効果のほうが大きそうだったんでやってみたわけなんですよ。
この注射。
今年の夏に発売されたばかりっつーこともあって、まだ市場にはあまり出回ってないんだとか。
そのため、けっこうお高い。
オイラの体重で計算すると、1本ぶち込むのに7,000円近くもかかるらしいんス。
ドシェーっスよ。
まぁ、1,000円値引きしてもろたけど。
結果は、まぁまぁといったところ。
ボッコシ禿げてたところから、やっと薄っすら産毛らしきものがショボショボと生えてきた感じ。
つっても、セレブフードに変えたからか、はたまたサプリ効果がやっと現れ始めたのか、今まで飲んだりやめたりしてた錠剤のお薬が効き始めたのか、シャンプーのお陰なのか、今回の高級注射が原因か、そこんところはわからんのだけどー。
e0008833_12292585.jpg

かかりつけの病院で、このコンベニア(R)注をやったのはオイラが初。
そんなわけで、薬の効果は2週間っつーことだけど、せんせは1週間後にも様子を見せに来ておくれ、だと。
んが。
次の日、実はこんなことがありまひた。

朝の散歩には、行きたそうにしてルンルンで玄関先まで出てきまして。
リードをつけてさぁ散歩~と数メートル歩いたところで、BJがいきなり座り込んでしまいました。
普段、住宅街の散歩はあまり好きではないらしく、よく立ち止まって動こうとしなくなることはあるけれど、座り込むのは稀。
心なしか覇気がないような感じも…。
結局抱きかかえて帰るはめになったのですが、自宅に戻って初めて気づいたのが、裏庭に出るサッシのに置いてあったマットについた沁み。
ゲロでした。
朝ごはんも自ら進んで食べようとはしません。
一粒ずつ口に運んでやると、やっとため息付ながら口に入れるといった始末。
昨日の獣医師の話では、今回の注射の副作用は今まで飲んでいた抗生物質よりも少ないとのことだったのにー。
慌てて病院へ…連れて行ったら…。
呼ばれてもないのに、走って診察室に入ろうとするは、
「食欲ないみたいー」なんつって言ってる飼い主の言葉が終わらぬうちに、せんせが差し出したオヤツに食いついてるし…。
結局アレか?
病院に行きたくて、わざと仮病使ったのか?としか思えない行動。
病院の看板犬になりたいのか、そうなのか?
若いおねーちゃん(アニマルナース)のたくさんいるココがパラダイスに思えるのか、そうなのか?
そんなに好きなら、せんせんちの仔になっちまえー!


ま、今のオイラはいたってフツーでおま。
飯も普段通りに食うとるでおま。
若くてピチピチの餅肌をスリスリするのに憧れとるけど、ガサガサの萎れババアで我慢しとるでおま。
e0008833_12462811.jpg

それって、アタイのことぢゃなくて、飼い主のことだわよねーっ!?

いやぁ、マジでスイス人グループには、人よりも犬の禿げ薬の開発に力を入れてもらいたいもんっスよ。
人にはヅラっちゅー禿げ隠しアイテムがあるしさ~。
[PR]
Commented by jyajya at 2008-11-17 14:57 x
2006年にフランスで認可された抗生剤があるのね。注射だよ。それがcefovecline第三世代でファロスポリン系抗生剤ってのがあるのね。それとどう違うんだろう?それは脂漏症からくる膿皮症には抜群の効果があったらしいの。友達の犬が二頭やりました。その後(高価だってさ)はホメオパシーで調整しながらでよかったとからしい。数日で効果が出たんだって。飲むのでは、同じ系統の抗生剤でも効果がみられなかったので、最初は渋ってみたけど、やったんだって。どうなんだろうね。これって、体重で値段やっぱり違う注射?
Commented by funkyhotdog at 2008-11-20 14:24
>jyajyaさん
レスがすっかり遅くなってしもたですー。
2006年に認可されて、今でも使われてるのかしら?
もしかしたら副作用がちと大きいとか、あんのかな。
数日で効果が(注射だけぢゃないかもだけど)出たってことは、けっこう強力なのかもしれんですよね。
うちのんは、目に見えてよくなってる!て感じぢゃないしなぁ。
コンベニアも体重によって投与する量が違うから、当然料金も違うみたいですよー。デブって金がかかる(笑
by funkyhotdog | 2008-11-17 13:04 | 健康・手術 | Comments(2)