我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

yamboの玉取り物語

こんちくわ。ようやく春めいてきて、桜の開花が待ち遠しいびっくんです。今年は川下りしながらお花見、でけっかな~。
ところで、先日、飼い主らの企てによりyamboにとって初めての出来事があったとです。
あんまり好きぢゃなさそーな病院でのお泊り。
ほんでもって手術。
そう、表題の通り玉取り手術やったとです。
当日の朝はご飯抜き。
サラばーさんも飯抜きを付き合って、すっかけ小僧にエールを送っとりました(多分送ってないし、どっちかっつーと「そのまま帰ってくんなー」て言うとたかも。でもって、朝飯抜きだったのも不本意)。
午前中に病院連れて行かれて「手術が終わったら連絡しますネ♪」て言われたから、後ろ髪引かれる思いで帰ってきた飼い主なんスけどね。
病院の駐車場出て、折立交差点過ぎた辺りでバックミラーみたら、ピタリと後ろについてる車がナントこともあろうか動物霊園の車。
交差点を曲がってもついてきて、結局自宅近くまでストーキングされ(思い込み)、「霊園の車だなんて、縁起の悪いっ!これはもしや悪いことの起きる前触れなんぢゃ?」「悪いことって…いやいやいやーっ!」。
帰ってくる間の全ての信号でひっかかったし。
得意の妄想は最悪のストーリーしか出てこなかったんですと。
午後3時くらいには手術が終わるから、覚醒したら連絡しますと獣医に言われるも、午後4時を過ぎても一向に電話が鳴る気配もなく、飼い主の不安はピークに。
「麻酔から覚めません!」
「心臓マッサージ!」
「おーい、帰ってこーい」
なんつって。
ドキドキしながら病院に電話をかけとりましたよ。
「あぁ…yamboちゃんですね。実は…」
しばしの沈黙。
ぎゃぁぁぁぁーやめてーっ、その先は聞きたくないーっ、いやぁぁぁぁー!
「なーんか手術が立て込んでて、まだ始まってないんですよー」
カクってなっとったがな。
結局、無事に麻酔から覚めましたとゆー連絡をもらったのが午後6時近く。いやはや、それまでなーんもテにつかず家の中をウロウロしとったとゆー体たらく。どんだけネガティブなんだ。
次の日のお迎え。
夕方でもええですよーなんて言われたけど、待てずに朝一で向かっとりました。
診察台の上に乗っけられたyamboは、かなーりしょぼくれた顔してひんやりとした診察台に当たる爪がカチカチ音を鳴らすほど震えとったですよ。
オイラやサラと違って、病院嫌いな仔になりそーっスね。
ま、診察室出て他のワンコさんやその飼い主さん見つけたら、ケツ振りまくっとりましたけど。
ついでに、前足で装着されたでっかいエリザベスカラー外そうともがく姿がけったいで、失笑されまくっとりましたけど。
e0008833_11185479.jpg

オカマになったらしいっス。ところでオカマて何?
抜糸が済むまで舐めんよーにカラーはつけとけ、て言われとりました。
e0008833_11203864.jpg

それにしても、空になった袋の色といい形といい、エログロすぎやしませんかね?
ついでにちんこの先がしっこ色できちゃねー。
e0008833_11212744.jpg

まだ腫れが引かんので、後ろから見たら成長途中のタマのよーに見えるっス。
ま、何はともあれ初体験、お疲れyambo。
もぅ二度と手術で病院の世話にならんよーにしたいっスね。

追記)今回の去勢手術にかかった料金
血液検査(単項目) 4×525  2,100
血液一般検査(CBC)       2,100
去勢手術            16,000
-----------------------------------------
合計 20,200(税込)

[PR]
by funkyhotdog | 2013-03-28 11:25 | 健康・手術