我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

14歳の受難

こんちくわ。2連チャンで病院に通うことになったサラばーちゃんに、心からお疲れちゃんと声をかけちゃうびっくんです。
実は金曜日の午前中、いきなりまたおかしなってしもたんス。
e0008833_139384.jpg

そう、このばーちゃん。
以前、被災先でなった老齢性前庭症んときみたいな感じ。
長座布団の上で寝たままお漏らしして、多分それで目が覚めてびっくらこいたんかな。
立ち上がろうとしたら、長座布団の上から転げ落ちてしもた。高さ5、6センチしかないせんべい布団なんやけど、フラつくからその上に再度上ろうとしても上手く上れん始末。
頭がグラングラン動いてサイドテーブルの足に何度もぶつけるし。
怪我しちゃいかんからと飼い主が抱き上げようと近づいたら、ヨロヨロしながらリビング中央に歩き出して…つっても、右に~左に~ふらついてて後ろ左足が殆ど動かず引きずる感じだから真っ直ぐ進まず…ヨロヨロしながら失禁。
座り込んで、また失禁。
前庭症になったとき、「一度なったからゆーて、今後ならんとも限らん。またなる可能性のある病気ですよ」てせんせいが言うとったからね。
また?
そう思って両目を見ても、前庭症んときみたいにグルグル眼球が高速回転しとるわけでもなし。
でも、相変わらず頭グラングラン。
病院に連れてかにゃってことで、しっこの始末をしたあと、飼い主出かける準備始めたわけっス。
すぐ行くいうてもね、無理なんよ。
まず車を暖機せにゃいかんし、その間に乗っかった雪を下さにゃならんしね。
そんなこんなで家の中に入って「さ、いこかー」てサラを見たら、あら?
完全にではないけど、フツーに戻っとる。
前庭症の場合、治療法とかないらしく、安静にして己の治癒力に頼るほかねーの、とか言われたんスよね。
犬に目を閉じて安静にしてろて言うても通じんから、点滴打つくらいしかないらしい。眼球グルングルンてのは、常に車酔いしとるみたいなものやから、飯を食うと吐いちゃうっつーのが理由でね。
でも一応は診てもろたほうがええもんね。
なんとか病院ついて、血液検査にレントゲン、そいから心電図も撮ってもろた。
けど、これといって悪いところは見当たらず。
考えられるのは頭でねーか、ってことになったけど、脳みそちゃんと見るための設備は県内にはないっつーのね。埼玉か青森までいかんとて。
「腫瘍あるかも。でもあったとしても、詳しいことココぢゃわからん」て。
結局1週間分のお薬(ステロイド)をもろて病院を後にしたサラと飼い主。
もしも腫瘍できとったら。
今後も、同じようなふらつき&失禁があるだろうし、でもって腫瘍がでかくなってくるようやったら、ふらつき&失禁が起きる感覚も狭まってくるかもだな、なんつー凹むようなお話を聞いて帰ってきたんスけどね。
家に戻ったら、ソファーやテーブルの上にあったもんが床中に散らばって、長座布団の上に旦那さんのスノーブーツと台ふき乗っかっとった。
飼い主のドヨヨーン、にばーいにばーい。
e0008833_13122516.jpg

おバカで空気読めないyamboには、もつろん病人を労わるとゆー気持ちも起きるわけないんスよね。
14歳とゆー年齢考えても、しゃーないことやしなーて諦めとったら、「鼓膜に傷あってもふらついたりすることあるべ」って友達に教えてもろた。
てことで、次の日また病院へ。
せんせはね、そーゆーこともあるかと思って、前日の検査で耳も診てくれとったんやと。
なら言えや、ですわな(笑。
「腫瘍ぢゃなくて、梗塞も考えられるとです。
犬の場合は、人と違ってステロイド投与である程度良好に向かう場合があるのね。
だから昨日、ステロイドを出したんだけど…なーんか、今日はサラちゃん元気いいぢゃないっすか!ちゃんと歩いてるしー」
だと。
そうなの。
復活したんス。
けどさ。
脳梗塞かも、って思ったんやったら、そう言えや、ですわな。このクソ獣医!(笑
e0008833_132689.jpg

そんなこんなで、ステロイド投与中ではありますが、とりあえず復活したです。
病人扱いもしてもろとりません。
散歩にも連れ出されとります。
心配してくれた皆さん、ありがとう。で、ごめんね。

[PR]
by funkyhotdog | 2013-01-20 13:35 | 健康・手術