我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いらない栗饅頭

昨日、肝臓の組織を採る手術を無事に終えて帰ってきたBJではありますが…。
院長せんせから伝えられた言葉は、あまり嬉しくない内容でございました。
「肝機能は正常なんだよね。ちゃんと働いてる。だから食欲も落ちてないし、動けるしね…」
機能が正常ってのは、うん、血液検査したときにも聞いた。
「ただほら、これ…」
内視鏡を腹に突っ込んで写した画像にドドーンと現れたのは、素人が見てもオマエ、だれ?ソコ、いるべき場所ちゃうやろ、とゆーへんちくりんな塊でした。
「腫瘍ね、これ」
前回肝臓にポツポツ複数の黒い影があるっていってたから、その一つか?と思って聞いたら、あの画像はレントゲンぢゃなくてエコーだよ、エコー。と笑われてしまいました。
ちっこい腫瘍がいくつもあるのかも、なんて思ってたけど、そっか。
違ったか。
画面に映ってる腫瘍は拡大してあるから、妙にデカい。
実物の大きさを教えてもらったら、せんせは両手の指先で輪っかを作っておりました。
栗饅頭くらいか。
意外とデカいんだな。
この憎き塊が肝臓の組織細胞を壊してくれとるわけです。
退治せんと。
「んぢゃ、取って!とっとと取ってください!」
が。
せんせ、渋い顔。
やつが鎮座してる場所がどうもいただけないらしい。門脈に近い場所だったか、そこを囲むような感じだったのか…。ダメ飼い主、シュヨーという単語で既に頭がポーっとしてせんせの説明よりも、どーしよ、どーしたらええの?助かるの?ダメなの?どっちー?そんなことしか考えてなかった気がします。あわわわわー。
場所がやっかいな上、もう一つ悩ましいことが。
「出血がね、かなり酷いんだよね。ほら、ここ…」
画面に映し出されたのは、レバー。
BJの、まだ元気そうな肝臓。
色艶、まぁまぁ。
そこにストロー管の中からニューっと伸びたピンセットみたいなやつが、パクパク口を開けたり閉じたりして~レバーをちょことだけ摘まんで~引っ張って~あ、千切れた。
「ここはね、健康。だからさ、ほら、組織採っても出血しないでしょ…でもさ、問題はこっち」
画像を移動していくと、なんだか茶褐色の血管ウヂャウヂャ浮き出た臓物が現れました。
「弱ってる場所ね。もぅさ、血管だらけでさ。出血しなさそーなところ探すのが大変でさ…」
あ、そこいくの?
やっちゃうの?
採るの?
血管浮き出て見えるよ?
あー、やっちゃった。
ドバーッ(出血)。
「ほらね。一応止血パッチ…ほら、こうやってつけて止血はちゃんとできたんだけどさ…血糊まみれになっちゃてさ…」
そんなこんなで、術後のヘマ管数値が29%と、術前に比べて10%以上も下がって貧血状態になってしまったようです(どーでもいいけど、この画像、DVDにしてくれんやろかーなんて思ってた)。
もしも、切除手術をするとしたら、その場所が危険な上に、輸血も必要になるだろう、と。
e0008833_10441992.jpg

CTスキャン撮ると、もっと詳しくわかるんだよね~。
取るとなったら最新のね、機械使えば危険度も減るんだけどね~。
わかるよ、うん、わかる。
でも、我が家のお財布事情が「んぢゃ、それで!」と簡単には頷けさせてくれないもどかしさ。
ま、全ては病理検査に出した組織がいったいどんな代物なのか、にかかっとるわけですが。
一応、覚書として今回お支払いした内訳を。
入院  3,150
皮膚病検査(ハゲできたから、ついでに診て貰った) 1,050
血液検査(単項目) ×6    3,150
血液一般検査(CBC)  2,100
血液凝固検査    4,200
病理組織検査(ノースラボ)  12,600
吸入麻酔   15,750
腹腔鏡検査・肝生検   26,250
皮下注射    1,890
静脈内留置針留置・点滴セット    1,260
点滴 ×2    4,200
内服薬2種類(1週間分)   2,023
消費税入れて〆て 77,623円ナリー。アイタタター。

次回、結果聞きに行って、もしも手術~てことになったら、これまた追加でナンボ飛んでくんだろかー。
すんづろさんの車の車検、15万円超えも待ってるっつのにー。
ドヨヨーン。

e0008833_10575612.jpg

ストローみたいなのを突っ込んだのは、ちんこの上。
剃毛プレイされて、自慢のギャランドゥーがなくなっとります。
あ、BJ自身はいたって元気。
この手術で病院を嫌がるというそぶりも見せてません。
偉いぞ、BJ。
術後すぐ連れてこられたとき、おケツの周りがクソ汁まみれになってて(飼い主、それに気づいた瞬間、待合室のほかの飼い主さんの視線が超気になり赤面…気づくまではケツに手当てて抱っこしとったのに)、病院で洗ってくれるとゆーので支払い後に中に連れて行かれたんですが、そのときも喜んで入っていっとりましたから。
それにしても、あのクソ汁…。
下痢するなんて思えないし…。
もしかして麻酔中に垂れ流しちゃったんでしょうか。
聞くの忘れた。
結果聞きに1週間後病院に行ったら、忘れずに聞こう(笑。←そこかっ!
[PR]
by funkyhotdog | 2012-07-26 11:13 | 健康・手術