我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ぷらっとな

お天気のいい土曜の朝。
実家の田植えの手伝いのため家を出た夫を見送ったそのすぐ後、妻はお山へと向かいました。
本当は泉ヶ岳に上るつもりだったのだけれど、前日は生憎の雨。
かなり降ったから、きっと大岩の辺りはツルツル滑るんだろーなー、危ないよなー、てことで笹倉山に急遽変更しました。
e0008833_10305679.jpg

久しぶりのお山。
新緑がとっても気持ちいい~。
といきたいところだけど、上り始めてすぐ数匹のコバエやらわけわからん虫に好かれて、ブンブンと耳障り。
しかも、多分妻がこの日初の登山者だったのか(駐車場に1台も車が停まってなっかった)、登山道には蜘蛛の巣がいっぱいで、ストックで払いのけながら進まなきゃならずちょっとブヘーな感じでしたが。
e0008833_10351136.jpg

でも姥坂登りきったら、それまで気になってたブンブンバエもいなくなって、なかなか爽快。
e0008833_10362653.jpg

今まで亀の子岩の、こんな注釈書かれたものってあったんだっけ?
「明治元年(1868)の戌辰の役に従軍した吉川恭輔が亀2匹を刻み薬師様に献じた。始め亀を下りに刻んだが、病気ばかりしたので上りに刻みなおしたとされている」
だって。
吉川恭輔て誰やねん。
つか、そもそも岩ゴリゴリ削ること自体が病気を招いたんとちゃうのん?
なんて一人でボヤきつつ。
e0008833_10423540.jpg

刻み直したらしい2匹の亀。頭はちゃんと上りの方を向いとります。
てことは、もともと一回りデカかったんだろうなー、と。
e0008833_1046784.jpg

九十九折りの入り口には、初夏の花、エンレイソウがもぅ咲いておりました。
まだまだ、まだまだ…なんて思ってたら、あら、もぅ山頂(正確には山頂ぢゃないけど。山頂は眺望悪いしね)についちゃった。
e0008833_10481022.jpg

もちっと距離、あったような気がしたのに。
でも、かなり汗だく。
e0008833_10491356.jpg

しばし、山頂からのパノラマを楽しみます。
広がる青空。
心地よい風。
サイコーだぁぁー。
写真はヘボだけど、ずずずぃーっと海まで見渡せました。視力イマイチだから、沿岸部のまだまだな状態まではわからなかったけど。
20分ほどホケ~っと座ってたら、なにやらお腹がギュルギュルいいだして…やばい。
マジやばい。
お尻に力を入れて、一目散に駆け下ります。
集中~!集中~!神経お尻に集中~!
でもね、不思議なものですよ。
濡れた石の上でズルっとなっちゃったとき。
危ないって驚いて、アッ!て口が開くでしょ。
あれと同じなのですね。
下も。
うん、多分ちょっと開いた。
ちょっとだけ、な。

で、今回猛ダッシュで下りてきて気づいたこと。

上りより、下りのほうが熊鈴、煩い(笑。
[PR]
Commented by くに at 2012-05-21 12:18 x
うちのがんちゃんも 『あっ って言ったら出てもーたもん』って言いながら帰ってきたことあるわ。
もぉ慣れっこみたいよ。
慣れっこにならないで@笑 
Commented by funkyhotdog at 2012-05-21 14:21
ぷぷぷー、仲間だ(笑
「あ!」って言ったら、「えっ?」ってお尻の穴が答えるの。こだまでしょうか、みたいな。
泉ヶ岳に行ってたら、確実に大量噴射してたよー。笹倉山だから、まだマシだったかも~(笑
by funkyhotdog | 2012-05-21 11:02 | 里山登山 | Comments(2)