我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

安楽死を身近に感じた日

まだまだ仮家に残したものは多いけど、色んな人の力添えで、とりあえず自宅に戻ることができました。
お世話になった皆さん、心配してくださった皆さん、ありがとう。
夫が自宅の掃除をしている間、2匹をつれてお散歩へ。
Dさんちの前を通ったら、家の中から窓をドンドン叩いて、サラとBJを呼ぶ声がしました。
しばらくして、家の中から飛び出てきたD奥様。
お洒落なエプロンかけたご主人も走り出てきて、しばらくぶりですね~戻ってこれたんだね、よかったね~と2匹を撫で回してくれます。
D家には15歳になるワンコがいました。
「ウノね…実は亡くなったのよ」
20日に、彼は旅立ちました。
首にシコリができてたのは知ってました。
そのシコリが、会うたびにどんどん大きくなってきてるのも気づいてました。
首のシコリが、首以外のところにも出来てるのにも気づいてました。
でも、いつ会っても艶のある毛並みは、若々しく感じられて、とても15歳には思えなかった。
でもやっぱり15歳。
手術でシコリを取り除くことは、年齢的にもそのシコリのある場所的にも無理だったとか。
医者も飼い主もただ見守ることしかできなかた数ヶ月。
「眠ることができなくなってね。ウトウトしだして30分もすると、痛いのか吠え出すの。横になれないの。もぅ見ていられなくて…。
獣医さんには以前から勧められてたんだけど、なんだか踏ん切りがつかなくてねぇ。
頑張って生きてよって。でもね、辛いのはウノだし。
辛いのに頑張れだなんてね、それもエゴなんぢゃないかって…。
随分…本当に随分悩んだんだけどね…」
D家のご夫婦は、安楽死を選んだそうです。
ポツリポツリと話をしてくださるDご夫婦は、時折目に涙を浮かべていましたが、その表情は始終穏やかでした。
「でもね、やっぱり寂しくてね。主人なんか、今でもウノが好きだったささみを茹でたりしてんのよ」
その後、供養だからね、と茹でたささみをサラとBJにくれたご主人。
安楽死。
今まで考えたこともなかったけど…。
実は、BJにも首にしこりがあるのです。
昔、唾液腺膿胞とゆー病気になって、喉が大きく腫れたことがあって…。
手術はせず、投薬治療でひとまず腫れはひいたのですが、ひいたといってもビー玉サイズのコリコリが残ってしまいました。
そのコリコリが、次第に大きくなってきているようで、現在はピンポン玉以上のサイズに肥大しているのです。
場所が場所だけに、良性悪性に関わらず、あまりにも肥大してしまうと呼吸にも影響するし、食事の際の飲み込みにも関わってきます。
もしかしたら、BJの最期もウノちゃんみたいになっちゃうのかな。
辛くても生きろ!
我慢して生き続けろ!
それは酷なことなのかもしれないよね、BJ。
もしそうだとしたら、安楽死。
それをキミは望むか?
そんなことを、語りかけちゃってた昨日。
(当のBJは、ささみのお代わりを要求してたのか、Dご主人に吠えまくっとりましたけど)

そして夜。
1年ぶりのベッドで、疲れて早々に横になったら…あのときの恐怖、再び!といった揺れ。
「これから、もっともっと辛いことだってあるかも、なんだぞー!」
そういうことなんでしょうかね。
自宅に戻った初日の洗礼は強烈でした。
[PR]
by funkyhotdog | 2012-03-26 11:12 | 日常