我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

紅葉カヌーキャンプ

こんちくわ。ご近所のゴールデン、13歳のウィンディーの訃報を耳にしてかなり落ち込み気味のびっくんです。
「アタシ、犬嫌いなのよねー」
「アタシが飼ったんぢゃないもんー、主人だもんー」
「んもぅ、臭いしー、毛は抜けるしー」
いつもそういってた奥さんが、顔くしゃくしゃにしながら泣いてた。
「犬好きな人に飼われてたら、もっともっと長生きできただろうに」って。
「犬好きな人だったら、毎日毎日体中を撫でて撫でて…ちょっとした異変にもすぐ気づいてあげられただろうに」って。
旦那さんは単身赴任中。
ここのとこ週末は毎週のように帰ってきてて、旦那さんが帰ってくるたびに息を吹き返したように元気になってたのにね。
この週末は忙しくて帰れなくて。
だから、旦那さんはウィンディーが亡くなる時、そばにいてあげられなかったんだって。
でも奥さん言うてた。
「主人が帰ってたら、辛いのに無理して『まだ生きてなきゃ』って思ったんぢゃないかな」
ウィンディーが動けなくなったのはたった1日。
前日までちゃーんと自分の足で立って、外で排泄したんだって。
手を煩わせないホントにすごーくいい仔だった…そう奥さん言いながら泣いてた。
犬嫌いなのに。
でっかい体だから、それだけ存在感あったんだよね。
いつもどーんと構えてて、新米ワンコがじゃれ付いても、ずーっと尻尾ブンブン振ったままだったんだよね。
家の前を通ると、いつもウィンディーの声が聞こえてたのに、もぅその声も聞けなくなっちゃうなんて。
やっぱさびしいね。
こうやってどんどん同年代の友達が欠けてくんだ…。
こんなさびしい出来事が日曜日にあったってゆーのに…
なーんにも知らずにオイラたちは遊び呆けとった。
e0008833_14533215.jpg
岩洞湖の無料キャンプ場で。
e0008833_1454370.jpg
今年の紅葉はやっぱイマイチやねーとか愚痴りながらカヌーとかしちゃって。
e0008833_14543475.jpg
ピクニック広場が貸切ぢゃなかったんで、フリーになれんやんか、つまんねーとか言ったりして。
でも夜の空はほんと綺麗やった。
お星様きらきらで。
もしかしたら、先に逝っちゃった仲間が、みーんな勢ぞろいしてオイラたちに教えとったんやろか。「お前の友達がこっちに来たぞ」て。
[PR]
by funkyhotdog | 2010-10-25 15:01 | カヌー