我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

開腹手術だけは、どうか避けられますように

こんちくわ。↓のちょいとサラに似たワンコにハートどキュンなびっくんです。アホなところはオイラに似てなくもないけど…。

ところで、週末の砂食いでアワヮになったオイラとサラについて、忘れぬように今までの分を記載しておこうと思うちょります。
ええとー。
日曜日、普段掛かりつけの病院が日月とお休みのため、セカンドのA病院へつれて行かれましてん。
日曜日の朝、サラはうんこに砂が出てきたっちゅーこともあって、このとき病院に行ったのはオイラだけ。
A病院も、院長先生がいなかったため、レントゲンとって「あぁー砂の塊がココにありますね。もしかしたら、明日出るかもしれないしー…、出なかったらまたきて下さい」って感じで帰されたのですよ。
ちゅーわけで、日曜日のお支払いは
再診料 525円
X線検査料 4,200円 の
〆て4,725円。

月曜日の朝散歩で、オイラ、うんこは出まへんでした。
なので、病院行きは決定。
が、日曜日はさほどでもなかったサラの様子の方がおかちくなりまして。
ハァハァと激しい息遣い。
震え。
でもって、少量の失禁もアリ。
コリャ大変だってことで、旦那さんは会社をお休み。急遽サラも一緒に朝一でA病院へ。
レントゲン撮ったら、サラの腹にも砂の塊満タンやったとです。
なので、緊急入院ナリ。
仲良く2匹で。
入院といっても、夕方7時にお迎えにきて下さいってことやったんでお泊りはナシなんですけどね。
オイラとサラのいないお家は、静か過ぎて不気味なほどやったらしいスよ。
一方のオイラたちが病院にいる間にナニをされたのかっちゅーと、カンチョー。ほんでもって、うんこを柔らかくするお薬の投与と点滴。
オイラは1うんこ出したっス。
e0008833_11364479.jpg
なので、飼い主がお迎えにきてくれたときには、ケツがクソまみれ。もっすごきちゃなかったっス、オイラ。
んで、帰る前に改めてまたニュルニュルうんこにするための薬@下剤を飲まされましてん。
e0008833_11373065.jpg
注射器で注入~。
サラなんて、おもくそ歯を食いしばってるけどね。歯の間からうまい具合に入るモンなんスよ、液体だから。
e0008833_11375645.jpg
こりがマズいのなんの。
ちゅーわけで、月曜日のお支払いは…
再診料 525円
X線検査4 6,300円
静脈内留置針留置、点滴セット 1,260円
点滴3 2,625円
浣腸 525円
経口投薬2回分 53円
上記の2匹分っちゅーことで
〆て22,682円ナリ。
ドシェー。

んで、夜は自宅へ。
下剤のお陰で、いやぁ~屁が出るでる。
でもって、屁ぇこいただけかと思うたら、実まで出てたりして…。
一夜明けて本日朝の散歩にて、オイラ、無事に砂うんこ放出。
e0008833_11394459.jpg
飼い主が旦那さんの弁当作るために台所に立ったら、思わず反射的に台所へ行くとゆー余裕まで出てきました。つか、なんか食いたいゾ、と。
ま、今朝まで飯ヌキやったんスけどね。
日曜日の夜からだから、合わせて4食分の絶食。
んが。
e0008833_1142895.jpg
相変わらず食欲ないのはサラ。
震えもまだ時折あるし、でもって時々ハァハァと苦しそうだし…。
ケツの穴から、投薬した薬のみがタラリンと垂れる始末。
夜中、便意をもよおしたのか、はたまた吐き気があったのか、トイレに置いてるおしっこシートの上でもそもそやった形跡はあったものの、吐しゃ物及び排泄物はナシ。
今日もA病院へ行かねばならぬ~。
てことで、朝一で行ってきましてん。
e0008833_1153676.jpg
↑T病院だと、診察台の上でじっとしてらんないサラが…お、お、大人しすぎるぅ…。
でもって、早速またレントゲンとりましてん。…の前に
e0008833_11523792.jpg
体重量ったら、サラ10キロを切っとりました。
体重計の数字が動かない! 体重が正確に量れるだなんてっ! まだ調子悪いんだね…(涙
痩せた~。
e0008833_11543164.jpg
あ、ついでに言うとオイラも13キロ台になっとりましたんよ。
スリムになりましたんよ。
ビバ点滴。
いや、そんなことはどーでもよくて、レントゲンレントゲン…。
ええと、結果から言いますと、オイラの腹の中はカラッポになっとりました。
砂、全てシャバへ放出。
おめでとー!
もぅココにはいなくてええんス。
e0008833_11554843.jpg
早く帰りてーっ!
(病院好きだとばっか思うちょりましたが、どうもT病院の髭先生が好きなだけだった模様)
が、問題はサラ。
e0008833_11552939.jpg
Bクソは、もぅ時間の問題で外に出てくると思われるんスけど、Aクソがしつこく滞在中。
しかも、あまり場所がよろしくないとのこと。
昨日の時点では、「お薬効かなかったら、開腹手術せねばかも」なんて院長先生に言われてビビってた飼い主ですが、時間は掛かり気味ではあるものの、少しずつ移動はしてるようなのでもうちょい様子を見ましょうてことになりましてん。
てことで、サラだけが病院に居残りで本日も点滴&下剤の攻撃にあうのであります。
頑張れよ!
負けんなよ!
ところで本日お支払いするのは、一体いくらだろね~(恐。
無事に退院できたオイラより、高田延彦風に絶叫させてもらうっスよ。
男の中の男、もとい腹の中のうんこらめ…
出てこいやぁーっ!グリムスのキーワード:温室効果ガス 、環境ホルモン 、オゾン層破壊
[PR]
by funkyhotdog | 2009-07-14 12:17 | 健康・手術