我が家のお笑い担当、愛しのBJ。2012.9.3に旅立ちました。享年12歳と5日。でも空からまだまだ語るぜ。アフォな飼い主、見守ってなきゃだからさ。


by funkyhotdog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

迷惑な来訪者

こんちくわ。漢検の背任事件だとか、元時津風親方が退職金を請求したとか、中国の誘拐団とか、腹ん立つことはいっぱいあるけど、今の我が家にはもっと深刻な問題が持ち上がってんゾ!とつい興奮しちゃうびっくんです。
深刻な問題。
ソリはね。
家の中に隊列作ったゴマ軍団が侵入してきたことっス。
あ、ゴマに見えたけど蟻さんでした。
ウエーッ。
e0008833_9195027.jpg

深刻な問題らしーんで、一応アタイも深刻な顔しておくわよ…でもって蟻んこにガン飛ばしてればビビって入ってこないんでね?
って、チミは別に蟻んこ睨みつけてるんぢゃなくて、違うモンに睨みきかせてんでしょーが。
e0008833_923338.jpg

掃除機…。
でーへーっ

とか

とか買って来たいけど、お店の開店時間にはまだ間がある~
てなわけで、飼い主は、家の中に闖入してきたやつを1匹ずつ掃除機で吸い込んどったんですよ。

「んなコトしても、蟻さんは死ぬどころか、掃除機の中で新たに巣を作るんでねーの?」なんてオイラは思ったスけどね。
お店の開店時間見計らって慌てて蟻退治の薬を購入して帰って来た飼い主だけど…
家の中にいた蟻の半分近くが、何やら丸く縮こまって昇天してるのにビックリしてたっス。
しかも、そのどれもが濡れてるような感じ…なんつってー。
どうも、BJかサラが動く黒くて小さな豆粒に反応して、クンクンだかペロンチョだかやった模様。
その際に出た粘着力のある唾液か鼻汁に、蟻が悶絶死したんではないかと推測。
食ったろ? 食ったな? 食ったんだろー!?
蟻酸は酸っぱ苦いから、旨くなかったろ?(←昔、おかんが台所に置きっぱなしにしてたチンピラゴボーに蟻が集っておりまして。夜中、腹が減った妻は電気もつけずにつまみ食い。ええ、大量に蠢く蟻さんも一緒に食した経験アリなのです、蟻だけに…)

一応、上の2品のパワーで家の中の蟻は消滅して一安心しとったんですけどね…
今朝、リンクルマンちから他の来訪者現る!のメールが届きまして。
何かっつーと、猿っスよ!さーるーっ!
猿が出たっつーメールだったとですよ。
添付されてた写真には…
e0008833_913298.jpg

ドシェー、確かに写っとる…。
なんだか今朝はご近所のワンコが、いつになくよく吼えなくっとるなーとは思っとったけど…。
でもって、数日前に調整池の下の団地の奥さんが「猿の群れがびわの木のびわ(←野生)食い散らかしたー!」て騒いでたけど…。
まさか、こんなに近くに猿集団がやってきたとは。
そういや、2軒隣のSさんちは玄関前にシーズーのジョルさんが出たままになっとったんぢゃなかろうか…。
心配になって、飼い主、Sさんちまで駆けて行って、「猿が出たんだってよー!」なんつって叫んで教えておったんですが、そのときふと我が家を振り返ってみたら…
ギャオーッス!
我が家の塀の上に座っとるやんけ。猿、瞬間移動?
しかも2匹。
人んちより、我が家の方がチンパーイ。
慌てて自宅に戻って、そーっとレースカーテンあけたら、ガラス一枚を隔てて目が合う猿と飼い主。
意外とデカい。
チビりそう。
つか、ちょっとチビった。
興奮しまくってたんで、写真撮る余裕とかなかったみたいだけどね…。
その間、オイラたちはナニしとったかっつーと…
ソファーで寝とりましたです。
猿ってのはね、靴はいてないから足音しねーのよー。

猿に詳しいおかん(←愛犬との散歩中、数回に渡り猿に襲われる)に、飼い主、早速メール。
そのタイトルは「ついに我が家にもやってきました」。
即効でおかんから返信されたメールには
「定額給付金か?」て。
おかん、タイトルだけぢゃなくて、本文もちゃんと読んでから返信してくれよ、と。
そんなこたぁどーでもええのですが…
北九州の実家の住宅街に現れた猿の悪行の数々を、今回電話で詳しく聞くことができました。
散歩中の女子、雌犬に攻撃をしかけるということだけでなく、おかんのおともだちのOさんちでは、家の中にまで入り込まれたのだとか。
犬のおもちゃの音が普段より激しく鳴ってるんで、一体今日はどんな遊び方をしているんだろうと居間へ行くと、ソファーの上で犬おもちゃを振り回していたのはデカい猿。
その横で、固まっていたワンコ…。
Oさんの叫び声で、猿はおもちゃを持ったまま家の外に走り出たので被害は、おもちゃ一つで済んだのですが…
Aさんちも家に侵入され、仏壇を荒らされたとか。
仏様のお供え狙い。
食い物の恨みは、亡くなった方にだってそりゃありまっせ。
ご先祖様に呪われるぜ、猿。
別のかたは、愛犬のシーズーを散歩させているときに猿と遭遇。
こともあろうに、その猿…
シーズーをひったくり、誘拐していったとゆーのです。
ぎゃー、いやーっ。
数日後、血だらけになって倒れてたシーズーさんを通りかかった人が保護して飼い主の元へ。一応、命に別状はなかったとゆーのですが…
誘拐て!
中国誘拐団の一味は遂に猿にまで化けましたぜ…(違
冗談はさておき。
猿からしてみれば、女性や雌犬を襲ったり(おかんの話だと男性だけでなく、雄犬にもちょっかいかけることはないらしいです。よくTVで「スカート履い髪の毛長いと女性だと思われて襲撃される」なんて言うとりますけどね。雌犬もってことになると、視覚だけぢゃなく嗅覚でも性別を判断しとるってことになるんでしょうか。犬の雄雌って、パっと見分けるのムズいくね? BJのちんこなんて腹の肉に隠れて見えないことあるしー)、小さいワンコを誘拐しちゃうのも、遊び感覚なのかもしれません。
ちっこいワンコさんをお散歩させてるご近所さーん!
気をつけなはれやー。
猿のワンコ誘拐話に怖い怖い!と怯える妻におかん。
「あんたんトコの犬は、デカい猿でも抱えられんほど重いけん、大丈夫っちゃ」
喜んでええのやらなんやら…。
サラ、BJ-! とりあえずここ数日間はダイエット禁止なー!

[PR]
by funkyhotdog | 2009-06-04 10:11 | 日常